阿部製 松雲堂画 色絵金彩六対鳳凰文皿

制作品の解説

この作品は、阿部碧海が主宰した絵付工房(後述)が、多くの名工を抱えながらも、後に名工と呼ばれた松本 佐平(松雲堂)に絵付けを依頼して制作されました。おそらく、デミタスカップのソーサーと思われますが、とてもデザイン的にも、小皿の表には合計6対の鳳と凰を明るい五彩と金を使い、また裏にも五彩と金で文様を描くなど、明治10年代初め(年代推定は後述)にあって目新しいデザインの作品です。

サイズ;幅 約11cm 高さ 約1.6cm

表面には、黄の地に、対面する鳳と凰が緑、青、紫で一対ずつ、さらに金で三対が描かれています。そして、鳳と凰の間には赤と金の文様が挟まれ、全体として伝統的な九谷五彩のイメージの色絵ですが、金によっても彩るといった明治九谷らしい色合いとなっています。また、カップを上げたとき、見込みのところに羽を広げた蝶が現われるのも面白い趣向です。

小品にもかかわらず、裏面にはとても手の込んだ装飾が施されています。口縁に沿って緑、紫、黄、青を使って帯状の文様が1センチ幅に描かれ、高台の周りには2本の赤い圏線が珍しく巡らせています。繋がった凹凸文も金で描かれています。やはり、表と同じく、五彩と金で彩られています。

銘は「九谷阿部製/松雲堂画」と書き入れてあります。松本 佐平が明治11年(1878)に金沢の画家 徳田 寛所より「松雲」の号を拝領して以来、屋号として「松雲堂」と使っていて、一方の阿部 碧海窯が明治13年(1880)に閉じていることから、窯元の阿部 碧海が明治11年から13年の間に松本 佐平にこの絵付けを依頼したと思われます。

阿部碧海窯

明治2年(1869)-明治13年(1880)

阿部碧海窯は、明治2年(1869)、士族授産・殖産興業・九谷復興のために立ち上がった阿部碧海(おうみ 阿部甚十郎敬忠)によって、金沢古寺町(現在の片町)の自分の屋敷内に五基の錦窯をもつ絵付工房として開かれましたが、明治13年(1880)に閉ざされました。

阿部碧海窯では、民山窯で山上屋 松次郎、任田屋 徳右衛門、越中屋 兵吉、鍋谷 吉兵衛などから指導を受けた内海吉造が工場長となり、任田 徳次、岩波 玉山などの名工や、御抱え絵師佐々木泉龍の門人であった、小寺 椿山、春名 繁春、笹田 友山、津田 南皐、清水 清閑、同じく御抱え絵師 池田 九華の門人であった、飯山 華亭、柏 華渓など、いずれも日本画を学んだことのある優れた陶画工など合わせて八十余名が従事しました。

この工房は長崎・神戸に支店を出し、陶器商人の円中孫平の協力を得て、販路を拡大しました。主な制作品はコーヒーセット、食皿、菓子皿などの輸出品でした。明治6年(1873)のウイーン博覧会に出品された制作品は名声を博し多くの取引先を得たといいます。

しかし、業績が良い中、明治7年(1874)に、輸出上のトラブルに巻き込まれて、多額の負債をかかえたため、工房は苦しい経営を強いられ、遂に、明治13年(1880)に閉じざるのを得なくなりました。なお、ここの錦窯は内海 吉造の為絢社に受け継がれました。

阿部 碧海

天保12年(1841)生、明治43年(1910)歿

阿部 碧海は、天保 12 年(1841)、前田主馬玄前の子として生まれました。元治元年(1864)、阿部 久米助の養子として同家を相続しました。加賀藩士であり、馬廻役、所口町奉行などを務め、1,500 石の禄を受ける大身(位が高く禄の多い藩士)でした。

明治になり、阿部 碧海の藩政期の経歴が九谷焼の発展に尽すことになりました。早くから外国の存在を意識し、元治元年(1864)から慶応 3 年(1866)の長崎留学は自ら上に申し出て実現したもので、長崎での英語学習を通じて佐賀藩の人材と交流し、長崎貿易を目の当たりみて、早くも九谷焼の海外輸出の可能性に目覚めていったといわれます。後年、石川県に赴任した納富 介次郎や徳久 恒範等の旧佐賀藩士(両人は日本各地を転々として工芸学校の設立等、工芸の発展に尽した)に私淑するほどであったといいます。

阿部 碧海は、明治 2 年(1869)、士族授産・殖産興業・九谷復興のため、自邸に絵付工場を設けました。優れた絵付であることを見抜く能力に長け、すべてにおいて優品でないと満足しなかったといわれます。そのことを示すのが、素地や製品の仕入にも見られました。外注先として、九谷 庄三、松原 新助、大蔵 清七、浅井 一毫、この小品の松本 佐平(松雲堂)などを起用しました。この窯元から販売された制作品がいずれも優品であったことから、やがて、金沢九谷が能美九谷を凌いで優品の代名詞となる基盤を築いたといわれます。

阿部 碧海の個人的な業績としては、明治10年代前半を中心に 23 年頃まで各種の博覧会に出品し優秀な成績を収めました。一方で、明治 13 年から勧業博物館において図画の考案係として勤務し、品評会に審査員として立ち会うなど、次第に石川県内の工芸振興のアドバイザー的な役割に移行していきました。明治 18 年には龍池会(明治時代初期の美術団体で、後の「日本美術協会」)会員に選ばれ、同 20 年には九谷焼の振興に尽した功労で賞されました。

松本 佐平 松雲堂

松本 佐平は、明治9年(1876)、金沢の画家 徳田 寛所に師事し、明治11年(1878)に徳田より「松雲」の号を拝領し、それ以来、屋号として「松雲堂」を使いました。

その頃の画風は、十六羅漢、三十六歌仙、百人一首などの人物を細密に描き、それらを赤、茶褐、黒、臙脂で塗り、金彩を加えるという画風でした。これが佐平の赤九谷の始まりといわれ、この画風が海外で高い評価を得て、佐平の赤九谷は重要輸出品になりました。

明治18年(1885)には、赤と黒の釉で上絵付して一度焼いた後、金彩で装飾してまた焼成するという二度焼焼成の技術を完成させました。金襴手の地に割取をして、その中に花鳥、山水を極細に金彩で描きました。その精密さは”あたかも織物上に錦糸の刺繍を見るようである”と評されたといいます。こうして、松本 佐平は、赤九谷と青九谷の双方における名工として高い評価を受けましたが、さらに、明治26年(1893)頃、この二つ画風を融合した「松雲堂風」を確立しました。

管理№ 2006071
展示開始年月日 2020.7.8
希望価格 8730円
備考 裏面に小さな欠け、釉薬の剥がれや汚れなどがあります