石川県勧業試験場 白地金彩鳳凰双耳花瓶

作品の解説

この作品には、明治の初めに、欧米に輸出できるだけの技術を確立しようとした成果がでているように見えます。すでに再興九谷で培われていた技術や技法だけでは足らず、新たな技術が必要でした。

先ず必要であったのは、欧米で好まれる九谷焼のための素地造りの技術でした。欧米からは、テーブルウエアなどのように、表面が真っ白で滑らかに仕上げられた素地が求められました。この花瓶の内と外に釉薬を施して本焼した素地の表面がとても綺麗に仕上がり、見た目でも手で触っても滑らかで、明治10年頃から、洋絵の具と相性の良く純白な素地造りの技術が整ったといわれます。

サイズ 口径約10㎝ 胴幅約16.8㎝ 高さ約26.4cm

つぎに、絵付けする絵の具にも新たに改良が加える必要がありました。九谷庄三が洋絵の具を改良して生み出した“彩色金襴手”(濃厚な色合い)の”ジャパンクタニ”に続いて、欧米から求められたのは日本画のような色合いでした。試験場ではこれまでの九谷五彩だけにとらわれずに、洋絵の具で中間色が出せる洋絵の具の実験を行い、また九谷焼の素地との相性を改善する洋絵の具の改良に取り組みました。

その結果、この作品のように、九谷五彩にない淡い色絵(文様)が描かくことができました。この試験場で改良した洋絵の具に加え、名工の改良した絵の具によって多彩な中間色が生み出されたといいます。明治12年(1879)頃からそうした中間色が多く使われた輸出九谷が制作されるようになりました。

明治初期に、双耳(花瓶などの胴の横に耳のように付いた飾りもの)の付いた大型の壺や香炉が装飾品として輸出の花形商品となりました。この作品にも鳳凰の形をした双耳が胴に貼り付けられていて花瓶に造形的な装飾が加わっています。おそらく、この作品では鳳凰を彫刻してから貼り付けたように見えますが、その後、名工らも手の込んだ遊環(リング状の双耳)や獅子型の双耳などを取り込みました。試験場は造形的な装飾におても先駆けて試みたように思われます。

銘は「石川縣勧業場製」と書き入れられています。

作品の制作者 石川県勧業試験場

明治7年(1874)-明治13年(1890)

石川県勧業試験場は短い間でしたが、石川県が殖産興業と輸出振興のために九谷焼の生産を奨励する目的で、教育的、実験的な機関として役割を果たしました。技術を積み上げた結果、作品を展覧会などに出品するほどまでに技術レベルが上がりました。一例が、明治10年(1887)に東京で開催された第一回内国勧業博覧会に出品した勧業試験場の作品が、綿野 源右衛門(綿野 吉二の父)、阿部 碧海、円中 孫平、笹田 友山、浅井 一毫などの作品と共に受賞しました。

技術レベルの向上の背景には、藤岡 外次郎(岩花堂)、松田 与八郎、和沢 含山らの製陶技術者に加え、小寺 椿山、赤丸 雪山らの名工らが在籍していたからといわれます。また、ここでは後に名工になったに初代 須田 菁華、秋山 駒次郎らが修業しました。

管理№ 1806061
展示開始年月日 2018.6.6
希望価格 8300円
備考 保存箱付き