秋山 駒次郎の作品と陶歴

秋山 駒次郎の作品

① 秋山 駒次郎 色絵金彩割取人物草花図皿

割取の構図といい、盛金と白盛(白の“盛り絵の具”そのものを指す場合もあります)の技法といい、明治九谷独特の技法で絵付されています。(続く)

 

 

② 秋山 駒次郎 色絵金彩踊り人物図皿

珍しい図案の中皿です。丸い形に合わせて、輪を描いて踊る人々だけの図案です。明治後半になっても見られない珍しいものですが、(続く)

 

 

秋山 駒次郎の陶歴

秋山 駒次郎   文久3年(1863)生 ?歿

秋山 駒次郎は加賀藩士 飯森 正道の次男として生まれ、明治8年(1863)、石川県勧業試験場で磁器製作の教育を受け、初代 須田 菁華らと共に学び、明治13年(1880)に修了しました。さらに、絵画を学んで、窯元 藤岡岩花堂に就業しました。

明治16年(1883)、松本 佐平の工房「松雲堂」に移り、明治21年(1888)に佐平の義弟 秋山 平作の女婿となり、明治41年(1908)に閉じるまで工房の職 工長を務めました。

佐平の養子となった初代 松本 佐吉によって「松雲堂」が引き継がれたとき、秋山駒次郎は再びその工場長となり、自らも優れた作品を制作したといわれます。