浅井一毫の制作品と陶歴

浅井一毫の制作品

① 浅井一毫 金彩竹に雀図急須

この小ぶりな急須の側面には、真っ白な素地の上に金で描かれた竹の間を飛び交う小雀が精微(ごく細かいところまでよく整っている様子)に描かれています。この「竹に雀」の図案は、(続く)

 

 

② 浅井一毫 赤絵金彩楼閣山水図煎茶器揃

急須、湯冷まし、茶碗(三客 本来は五客であったと思われる)の煎茶器揃です。一毫は「方氏墨譜寫本」をモチーフに中国風の精微な画風で(続く)

 

浅井一毫の陶歴

浅井 一毫  天保7年(1836)生、大正5年(1916)歿

浅井 一毫は、嘉永3年(1851)、14才のとき、宮本屋窯で飯田屋八郎右衛門から赤絵を習い、八郎右衛門から譲り受けた「方氏墨譜寫本」をもとに中国風の精微(ごく細かいところまでよく整っている様子)な画風を制作品に絵付し名声を博しました。

幕末には、江沼に滞留していた永楽和全と共に九谷焼の改良に関わりました。

明治10年(1887)、東京で開催された第一回内国勧業博覧会において受賞し、また、すべてにおいて優品でないと満足しなかったといわれる阿部碧海窯の外注先の一つに選ばれました。一毫が赤絵細描の名手と呼ばれていたからこそ、九谷 庄三、松本 佐平らの名工と共に阿部碧海窯から注文を請けたといわれます。