石野竜山 四君子福長寿字蓋付き碗

作品の解説

三組の蓋付きの碗にはそれぞれ三つの窓があり、“四君子”の草木、蓋には福(幸福)・長・寿”の三文字、折り鶴、そして市松模様などいろいろな図案や文様が描かれています。

草木の中の君子に称えられた梅、蘭、竹、菊の図案が、四つの草木の図案を描くために四つの碗や窓にこだわらず、それらの草木を三つの窓に収めたところに珍しさがあると思います。

サイズ 碗 口径 約11cm 高さ 約5.5cm 蓋を含めた高さ 約7cm 蓋 径 約10cm

“四君子”の草木は、古くから、草木の中の君子と称えられた草木であり、君子の資質を示すとして選ばれました。それが、江戸時代になると、春夏秋冬の季節を代表する草木であったことから、様々な物の図案になり、あるいは吉祥の文様にもなりました。

“梅”と“蘭”の二つについては一つの窓に収まっていて、“梅”は冬の厳しい寒さの中で高貴な香りを漂わせ、春を代表する“蘭”は“梅”の根元で春をそっと待っているように見えます。

蓋には四君子のほかに、福(幸福)・長・寿”の字がどっしりと、いぶし銀の色合いで書かれ、摘みの中に折り鶴が金彩され、そして鮮やかな橙色の市松模様が碗と共に描かれています。

銘は「九谷/竜山/五十四才」と書き入れています。珍しい銘の入れ方ですが、制作者が54歳のときに“四君子”、“福・長・寿”、折り鶴、市松模様などを取り入れて、これから(75歳で亡くなるまで)の己の“吉祥”“幸運”を祈念したように思われます。

こうした年齢を銘に入れたのは、初代 富田松鶴、初代 橋田与三郎などが晩年(70代)を迎えたときに書き込んだ例があります。

石野 竜山の他の銘には「九谷/竜山」「竜山」があります。

作品の制作者

作品の制作者については「石野竜山の制作品と陶歴」を検索してください。

 

管理№ 1810181
展示開始年月日 2019.11.29
販売価格 オークション中
備考 保存木箱付き