笹田 友山 の制作品と陶歴

笹田 友山 の制作品

① 笹田友山 色絵文様染付鳳図鉢 倣古九谷

この鉢は200年以上も前に旧大聖寺藩の九谷村で制作された古九谷に倣ったような様相があります。鉢の内と外には伝統的な九谷五彩の絵の具で図案や文様が描かれていて、(続く)

 

② 笹田友山 盛金色絵松竹梅図三つ組鉢

三つ揃いの器は、江戸のころから、ハレの場、宴席などでお料理を三つ組の鉢に盛り付け、それぞれの鉢からお料理を取り皿にとって食べるときに使われました祝いの器でした。(続く)

 

③ 笹田友山 色絵金彩百老図カップアンドソーサー

この作品はエッグシェル(卵殻手)(索引「人物・用語」)タイプのテーブルウエアなどに用いられた素地に百老図が描かれた、明治九谷の中でも豪華なカップ&ソーサーです。(続く)

 

笹田 友山 の陶歴

笹田 友山  天保11年(1840)生、大正3年(1914)歿

笹田友山は、幼少の頃から陶画を学んでいましたが、32歳になって(明治5年1872年)、自らの絵付工場を起しました。明治10年(1887)に東京で開催された第一回内国勧業博覧会において受賞したこともありましたが、翌年、自分の工場を閉じて、為絢社、藤岡岩花堂において制作し続けてから、再び陶画業を始めました。

友山の作品には清水美山が開発した盛金(索引「人物・用語」)などの絵付技法を使って、作品にいろいろな加飾を施したものが多くあります。

門人に竹内安久、八田逸山など、後に名工と呼ばれた陶画工がいました。