清水美山の制作品と陶歴

清水 美山 の制作品

① 清水美山 赤絵金彩福祿寿字酒杯 一対

“福禄寿”の字、“鶴”の図、外側面の“亀甲文”が緻密に描かれています。鶴も亀も七福神の神様である福禄寿にかかわるものであり、金襴手で表した(続く)

 

② 清水美山 金彩竹図持ち手付小鉢

真っ白な素地に黒と金だけで竹の図案を描いていますが、それだけに落ち着いた雰囲気を醸し出し、サッと吹く風の音さえも聞こえてくるようです。(続く)

 

清水 美山 の陶歴

清水 美山  文久元年(1861)生、昭和6年(1931)歿

清水 美山は、絵画を直江菱舟、岩井孝次から、陶画を笠間秀石から学び、さらに明治13年(1880)、東京で岡村忠平から薩摩焼の盛金絵付の技法(索引「人物・用語」)を修得しました。翌年、金沢で陶画業を始め、その後いろいろな技法や画風を考案したことから、金沢九谷の名工と称されました。

最も得意とした繊細緻密な盛金絵付の技法(索引「人物・用語」)は、明治期に世界的なブームを呼んだ“ジャパンクタニ”(輸出九谷)を代表するものの一つとなり、また、明治18年(1885)、松岡 初二と協力して、合金で上絵付をするという、金沢九谷の特色の一つとなるきっかけを創りました。

清水美山堂

清水美山堂は、明治25年(1892)、初代 清水美山が金沢に開いた九谷焼の店舗で、自作品とともに仕入れたものも扱いました。ただ、昭和11年(1936)に閉店しました。