高橋北山 赤絵金彩牡丹図皿

作品の解説

径34㎝の大皿には庭先に植えられた年代(風格)を感じさせる牡丹の庭木一本が描かれています。牡丹の色合いも落ち着いていて、牡丹の花なども金彩されていますが、縁の四か所に描かれた金襴手の文様、金彩された図案によって牡丹が引き立てられています。

牡丹はその花言葉「富貴」や「高貴」の象徴であったこともあり、その苗木は高価でしたので、一部の富裕層しか楽しめなかったといわれます。ところが、明治期になると、シャクヤクの台木を用いた牡丹の接ぎ木方法が考え出されると、普通の庭木として広まったといわれます。

この作品の制作者も自宅かどこかの家の庭先にあった牡丹を見て、「風格ある振る舞い」という別の花言葉と落ち着いた作風とを重ね合わせてこの「牡丹図」を描いたように思われます。

明治期に輸出された大皿や大きな花瓶の素地を造るのは大変な労力がいる作業であり、高度な技術も必要でしたが、それらの輸出がひと段落すると、優れた陶工によって歪みのない、均一の厚さで、また洋絵の具と乖離しない大型の素地が製作され、大皿類(このギャラリーに展示されている「高田嶺山 色絵金彩厳島神社図大皿」など)が国内向けにも多く制作されました。

銘は一行書きで「九谷北山」と書かれています。他に「九谷北山堂」があります。

作品の制作者

高橋 北山   慶応2年(1866)生、昭和11年(1936)歿

高橋 北山(義房)は、加賀藩士の家に生まれ、北山を号としました。北山は、明治15年(1882)、九谷焼の道に入り、修業を積んで技術を磨き、金襴手で仕上げた作品をよく制作しました。その後、自家に窯も築いて陶画工に絵付けをさせて制作するという制作方法でいろいろの分野の九谷焼を制作しました。このギャラリーに展示を予定している「宮荘一藤画 金襴手牡丹図カップ&ソーサー」がその例です。

また、書道が得意であったので、その能力を活かし、九谷細字(索引「人物と用語」)を取り入れた作品を制作したといわれます。ただ、そうした作品を見る機会は少ないので、輸出されたと考えられます。

高橋北山堂
高橋 北山は、明治30年(1897)、31才のとき、金沢に九谷焼を製作販売する目的で高橋北山堂を開きました。店舗で扱う商品は、自作のものであり、素地を利岡光仙窯や鴬谷窯などの窯元から購入し、自家に画工を置いて絵付をさせる方法で製作され、不足分については仕入して販売しました。現在も金沢市内で店舗を構えて九谷焼の販売を行っています。

管理№ 2101083B
展示開始年月日 2021.2.16
希望価格 22500円
備考