竹内吟秋 金襴手草花図瓢型花入れ一対

作品の解説

一対の花入れのどちらにも日本画のような四季の草花などが精緻に絵付され、瓢型の成型も薄造りに仕上がっています。それは制作者が早くから古九谷の絵付を研究し、成型も名だたる陶工数人から学んだからと考えられます。それだけに、この一対の花入れは欧米に輸出され、邸宅のリビングに見られる暖炉に取り付けられたマントルピースの上に置かれて飾られたと思われます。

サイズ;口径 約5.2㎝ 胴 約10.9㎝(下の部分) 高さ 約17㎝

草花、あるいは鶯、雀などの小鳥、セミ、兎、鶏,ヘチマなど四季を感じさせる様々な図案が細かく描かれているので、一個でも日本の床の間に置いてもよいほどで、向きを変えれば、四季の情景や好みの図案が楽しむことができ、よく考えられた構図となっています。

形が瓢型をしており、瓢に付きものである“紐房”も貼り付けてあり、全体の形も美しく薄造りです。それは制作者が素地造りにおいても巧みであったからと考えられますが、何個か作られた中から制作者が2個を選んで絵付したと見られます。画像のように、この一対の花入れと同じ素地に絵付された作品があることから、技量の高い陶工による素地であることは確かだと思われます。

銘は「加賀国/綿野製/竹内画」と書き入れられています。陶器商人の中でも巨商と呼ばれた綿野吉二は多くの名工に制作を依頼し“綿野(埜)”ブランドで販売したので、陶画工の銘が入っている作品は稀ですが、この作品と同じように、どちらも著名な陶画工によるものであることがよくわかります。

作品の制作者 竹内吟秋

天保3年(1832)~大正2年(1913)

竹内吟秋は、絵画を堀文錦、小島春兎に学び、同時に、飯田屋八郎右衛門から絵付を学ぶ機会を得ましたが、絵付の学習には身が入らず、10日間で終わったといわれます。ところが、明治初期、京の陶工 雲林院寶山に出会ったことがきっかけとなり、絵付の修業にも専心するようになったといわれます。

その後、竹内吟秋は、当時の九谷焼の殆どが赤絵細描であることを見て、古九谷の図案や絵付技法を調べ歩き、また九谷本窯を再建していた塚谷竹軒と大蔵寿楽から素地の製法を習得しました。さらに、明治11年(1878)、陶画工を養成するために私学校「惟新社」を設立し、絵付の技法を教えました。

明治13年(1880)、九谷陶器会社の創業にあたり、その総支配人として、「惟新社」に集まった生徒たちと共に参画するとともに、自分は古九谷の顔料の研究にも熱心に取り組みました。しかし、翌年、会社の経営方針(殖産興業の担い手となること)に馴染めず、その会社を辞した後、東京小石川製陶場に学び、明治18年(1885)には加藤友太郎(瀬戸の陶工の加藤与八の次男として生まれる 東京の陶工)、ドクトル・ゴッドフリード・ワグネルから改めて陶法と彩画法を学びました。

帰郷すると、江沼郡九谷陶器組合の頭取に就き、業界のまとめ役を務めるかたわら、明治26年(1893)にはシカゴ万国博覧会に平鉢を出品して名声を博しました。これをうけて、翌年、石川県工業学校の教師として招聘され、数年間、後継者の育成を果たしてから、大聖寺に戻り陶画業を自営し、数々の優品を制作しました。

竹内吟秋の作品は、研究した九谷五彩を活かしたものが多く、また力強い筆致にも優美で動きのある優品が多くあります。また他の銘には角福「吟秋」があります。

門人も多く、その後の江沼九谷の支柱となった名工が多く含まれ、初代 中村秋糖、宇谷秋香、谷 秋渓、小島秋江、広沢芦秋、大幸清次らがいました。実弟は浅井一毫です。

 

管理№ 2011271B
展示開始年月日 2021.2.18
希望価格 28600円
備考