竹内安久 金襴手草花図瓢型花入れ一対

作品の解説

高さ20㎝ほどの一対の花入れには日本画のような精緻な草花図などがたくさん描かれています。四季の草花で華やかに絵付けされ綺麗な造形であるので、欧米の邸宅のリングによく見られる暖炉に取り付けられたマントルピース(シェルフ 索引「人物と用語」)の上に置かれたことが考えられます。明治初期に輸出された1mを超すような花瓶とはまた違い、リビングを華やかに飾ったと思われます。

サイズ;口径 約5.2㎝ 胴 約10.9㎝(下の部分) 高さ 約17㎝

一個でも日本の床の間に置いてもよいほど、日本画のような図案が球面の窓の中に繊細に描き込まれています。四季のいろいろな草花、あるいは鶯、雀などの小鳥、セミ、兎、鶏,ヘチマなどが細やかに描かれているので、向きを変えて四季の情景や好みの図案が楽しめたと思われます。

形が瓢で、付き物の紐房も造られ、美しい造形です。絵の具の剥離も見られない良い素地です。この製作者(陶器商人 綿野吉二)が特注で何個か作らせた素地の中から2個を使って名工が絵付したと考えられます。画像の真ん中の瓢型の作品は、製作者が不明ですが、この一対の花入れとほぼ同じ形であるので、特注の素地の一部を使って製作されたと思われます。

銘は「加賀国/綿野製/竹内画」と書き入れられています。陶器商人の中で巨商と呼ばれた綿野吉二が多くの名工に制作を依頼したことは知られていますが、陶画工の銘が入っている綿野製品が少ないことから、この作品は特異であると思われます。

作品の制作者

竹内安久   生年? 没年?

竹内安久は、金沢九谷の名工といわれ、誠山堂と号しました。当初、内海吉造が起業した為絢社に入り、明治初期に盛んだった金沢九谷の輸出品の絵付に従事しました。その後、独立して陶画業を始め、金襴手の作品を主に作りました。

管理№ 2011271B
展示開始年月日 2021.2.18
希望価格 21600円
備考