友田九径 金襴手桐鳳凰文襖引小皿一対

作品の解説

襖引(襖の引手)とも考えられるこの一対の輪花形の小皿一対は、表の縁に金襴手で鳳凰が描かれ、見込みに桐の花の文様が金彩されています。裏に赤と金で瑞雲と思われる文様が太くしっかりと描かれています。制作者の銘を書き入れているところを見ると、この作品が高く評価されたことがわかります。

サイズ;2枚とも 径 約9.8 cm 高さ 約1.6 cm

鳳凰の文様が金襴手で描かれていますが、ところどころで金を掻き落とす手法で極細の線を表現しています。桐の文様も古くから吉祥文として使われ、明治時代以降も政府の紋章として日本の国章に準じる扱いがされ、一般が使用する桐の文様と区別されていましたが、ここでは区別されずに両方が使われているようです。

裏は赤と金によって瑞雲が漂っている光景が描かれています。小皿の形を見ると、縁にいくほど薄く造形され、しかも切り込みも入れて輪花の形にしているので、見るからに、高い技術を持った陶工によって作られたと考えられます。

銘は「大日本/九徑堂製/於九谷」と書き込まれています。

作品の制作者 友田九径(安清)

文久2年(1862)生、大正7年(1918)歿

友田 九径は、当時の著名な絵師や陶画工から絵画や陶画を学び、明治14年(1881)、陶画業を始めました。藤岡岩花堂に笹田 友山、清水 清閑らと共に陶画工として在籍し、そこで技量を積み重ねたといわれ、それがもとで金沢九谷の絢爛豪華な優品を制作しました。

九径の功績は、ゴッドフリード・ワグネル(索引「人物と用語」)から絵の具の調合法と陶磁器製造法を学び、その時の知識と経験を活かして、九谷焼に適した絵の具を開発し、明治24年(1891)頃から多くの洋絵の具の改良に成功したことです。九径が開発した安価で高品質の絵の具は、明治九谷に多彩な華やかさを加え、素地からの絵の具の剥離を起こさなかったため、陶画工の間で広まり、品質の良い明治九谷を作ることに大きく貢献しました。

管理№ 18101304
展示開始年月日 2019.11.24
希望価格 6800円
備考 保存木箱付き