橋田与三郎 赤絵大黒恵比寿図小皿 三様

作品の解説

銘「橋田画」とある大黒様と恵比寿様の図案が描かれた小皿の違いに注目して三枚を集めて、それらを古からの大黒様と恵比寿様の像(イメージ)と見比べてみると、異なる上に、この小皿三枚の間でも図案そのもの、縁文様、成型、銘などから、それぞれ別の組揃えのうちの一枚であったであろうと思われます。

サイズ 径 約11.7㎝ 高さ 約2.5㎝

橋田 与三郎のような名工になると、単なる絵付職人と違って、注文主の要望や自分の考えを取り入れて図案や文様を考えることはよくあったようで、それぞれに興味深く感じます。

大黒様の像は、農業の神様といわれるとおり、“米俵”の上で右肩に“大袋”を背負い、左手に“小槌”を持っているものがよく見られ、また恵比寿様の像は、“釣り竿”を右肩にかけるようにし、“鯛”を左手に持っているのが一般的です。ところが、この三枚の小皿はいずれも一般的な像と違い、しかも三枚の間で少しずつ違いがあります。

この三枚に描かれた大黒様は俵のそばに座り、右手に何も持っていないところは共通していますが、右手を挙げている大黒様(小皿①と②)と膝の上に両手をのせている大黒様(小皿③)が描かれています。恵比寿様につきものの“釣り竿”と“鯛”については小皿①には“鯛”の姿が見られません。

全体に手を入れていると感じられるのが小皿③で、他に比べて“米俵”“大袋”“鯛”などの赤絵に引かれた金の線描が極細であり、恵比寿様と大黒様の表情が穏やかに丁寧に描かれているように見えます。

三枚の小皿は“なます皿”と呼ばれるもので、縁にいくほど上に向いて反っています。ただ、①、②の小皿がやや急であるのに対し、③の小皿では少し緩やかでます。

また、三枚はほぼ同じ径ですが、素地の厚さが異なっていて、小皿①,②の素地は厚く、③の小皿は薄く感じます。重さを量ると、①が132g、②が119g、③が96gと異なっています。素地から見てもそれぞれに組揃いがあったと思われます。

三枚の裏銘は「橋田画」と書入れています。ただ、小皿②、③は正しい「橋」の字ですが、小皿①の「橋」は②、③と異なります。これも興味深い点です。

初代の橋田与三郎は、当初、「橋田画」と銘を入れましたが、ある時期から草書体の「与三郎」に変えたといわれます。その後、代々の橋田与三郎が初代の始めた書き方を踏襲し「与三郎」を書き入れました。

作品の制作者

作品の制作者については、「橋田与三郎の制作品と陶歴」を検索してください。

管理№ 19042309
展示開始年月日 2019.12.25
希望価格 10480円
備考 保存木箱付き