東文吉 赤絵金彩割取人物山水図皿

作品の解説

明治の後半になると、この作品のように、様々な図案が名工によって絵付された、少し高級感のある磁器の食器類が全国に向けて販売されました。大皿と小皿のどちらの役割も果たすもので、直径15cm前後(4寸から5寸)の皿が五枚、十枚の組揃いとして用意され、食事の場を華やかにしたと思われます。

サイズ;径 約14.6cm 高さ 約3.8cm

この皿のように絵付の技量を活かした手の込んだ“目で楽しめる食器”に人気があったようです。四つの割取をギリギリまでにとり、その割取には海辺の自然の景色、海に向かって座して書物を読む人物、海辺の松の下で座っている商売の神様の大黒様と布袋様が描かれています。特に、表情豊かな大黒様と布袋様は目を楽しみさせてくれたと思われます。

この皿は日常の使用にも適するように成型となっています。見込みから高台に行くほど厚みを増し丈夫にさせています。それまでの金沢九谷のような繊細さはないものの、実用的な食器としても制作されました。ですから、縁をやや上向きに反らし“なます皿”としても使えるように多用な役割を果たしたと思われます。

裏銘は「九谷/東 画」と書き込まれています。それは高台の中央の少し凹んだ円の中に書かれています。

作品の制作者  東 文吉

安政元年(1854)生、大正2年(1913)歿

東文吉は、斉田道開(索引「人物と用語」)から陶画を学び、後に「道開風」の赤絵細書の名手といわれました。一方で、日用雑器にも優れた絵付をしたので、作品は好評を得たといわれます。二代 織田甚三の経営する絵付工場で、高田嶺山らと絵付をしたことでも知られていれます。

管理№ 2006171
展示開始年月日 2020.10.29
希望価格 10800円
備考 保存木箱付き