松本佐吉 色絵鶴文八角瓢形徳利一対 倣古九谷

作品の解説

八角の緑の面に三羽の鶴、黒呉須の縦縞、他の文様が青手(緑、黄、紫、青)で描かれています。古九谷を思慕した制作者は、古九谷『色絵鶴かるた文平鉢』(索引「人物と用語」)を倣ったと思われますが、青九谷の巨匠とまで称されただけあって、青手で八角の面に鶴の姿を見事に表現しています。

サイズ 口径 約1.9 cm 幅 約7.2 cm 高さ 約16.6 cm

黒呉須の縦縞文様が引かれた緑の地の白抜きにされたところに三羽の鶴が黄、紫、青で絵付されています。古九谷では四羽の美しい鶴の舞いが平面に描かれていますが、この作品には八角の球面に、変化をつけた三様の姿がどの角度からも見えるように絵付したところに巧みさが感じられます。

この作品の素地はロクロ成型で八角の瓢の形状を作るというかなり高度な技術が必要であったと想像されます。その上、絵付けするときに、瓢が頸の部分から下部まで八角面に成型されているので、大小の面、角のラインも意識していて、鶴、文様などを絵付しているため、そのフォルムも美しく見えます。

銘は二重角「佐吉」と書き入れられ、共箱の蓋の内側に「佐吉」の署名と印があります。

作品の制作者     初代 松本佐吉

明治17年(1884)生、昭和17年(1942)歿

初代 松本佐吉は、松本 佐平(佐瓶)に陶画を学んだ後、門下の一人となりましたが、明治41年(1908)、24歳のとき、佐平の養子となり工房「松雲堂」を引き継ぎました。佐平自身は事情あって金沢の谷口金陽堂に絵付け場を替え、秋山 駒次郎が工房の職工長に就きましたので、松本 佐吉は古九谷研究に没頭することができ、青九谷の巨匠とまで称されるまでになりました。

 

管理№ 18100617
展示開始年月日 2020.1.7
希望価格 14800円
備考 共箱付き