三ツ井為吉 色絵唐人図石畳文皿

作品の解説

いくつかの色絵(五彩手)古九谷に倣ったような作品です。三ツ井為吉が初代 徳田八十吉から九谷五彩の技法を学んだことで、自らも鮮やかな絵の具を考え出し、その絵の具を使って制作された九谷五彩がこの作品に再現されています。どこを見ても色絵古九谷と一瞬見間違えるほどです。

サイズ 径 約27cm 高さ 約3.8~3.5cm(歪みのため)

一面の石畳文、その上に置かれた鮮やかな木瓜の花、そして石畳文に囲まれた唐人図はいずれも色絵古九谷から抜け出てきたようです。特に、唐人図は古九谷の図案のモチーフとなったといわれる「五言唐詩画譜」の図を連想させるもので、二人の唐人が花をつけた二本の木の下で語り合っている情景を詠んだかのようで、倣古九谷らしい雰囲気が醸し出されています。

皿は口縁に向かって反りあがり、口縁部はさらに幅2cmほど外へ反った成型になっています。この形は古九谷の大平鉢の二段鉢に倣ったものと思われます。

銘は二重角に「九谷/為吉」と書き入れ、共箱に「古九谷写意/額皿」と「為吉」が共書きされています。古九谷と同じ二重角「福」にしなかったのは、箱書きのとおり“写意”を表しかったと思われます。外形だけを写さず、その制作者の精神を表現しようとしてこの作品を三ツ井為吉が制作したことを示めそうとしたと思われます。

作品の制作者  三ツ井為吉

明治36年(1903)-昭和33年(1958)

三ツ井為吉は、明治九谷にあって新たな画風となった倣古九谷を創り出した名工 初代徳田八十吉にその技法を学んだことが起点となって、色絵古九谷を再現させることに情熱を注ぎこんだ名工の一人となりました。それを示すように、三ツ井為吉の作品は高く評価され、金沢の鏑木商舗によって、倣古九谷の名工と呼ばれた徳田八十吉(初代・二代)、松本佐吉、石村素山、浅蔵五十吉らの作品と同様に買い上げられたといわれます。

 

管理№ 18081204
展示開始年月日 2019.9.26
希望価格 9800円
備考 共箱付き