宮荘一藤 金襴手花鳥図カップ&ソーサー

作品の解説

まるで赤の絵の具で塗り潰されたキャンバスの上に金や薄い中間色で華やかに咲く花などを描いているように見えます。その色調がデミタスカップやソーサー全体に広がっていて、これまでのカップ&ソーサーの標準的なものと異なります。こうした色調で新鮮なイメージです。

明治九谷の標準的な綺麗な花鳥図から離れて、絵の具と金で塗り埋め尽くし、素地の白さがかき消された中に豪華に加飾された花鳥図が描かれています。また、元加賀藩士であったので絵心は十分にあり、どこかの襖絵を連想して描いたように感じます。

重厚な絵付とは裏腹に、手にしたとき伝わってくる軽妙さがあります。エッグシェルではないようで、明治末期に開発された硬質陶器の素地を使っていると思われます。

銘は「九谷北山堂/一藤製」と書き入れられています。北山堂は高橋北山の屋号であり、北山が経営する九谷焼の商舗の名称でもあります(現存)。

作品の制作者 宮荘一藤

弘化3年(1846)、大正8年(1919)没

宮荘一藤は金沢生まれの加賀藩士でしたが、明治維新の激動期に直面して政府の殖産興業に己の活路を探し、陶画工の道を選んだといわれますから、かなり絵心があったようです。陶画を学び、陶画工となった後、数々の名品を製作し、金沢九谷の名工の一人に数えられるようになりました。北岳堂と号しました。
作品には、明治前期(1868~1889)に円中孫平からの依頼で輸出九谷の大作を制作した一方で、明治15年(1882)年頃には野村善吉、高橋北山と共に九谷細字を使った加飾法を始めたこともあり、画風は多様でありました。

 

管理№ 2011272B
展示開始年月日 2021.4.14
希望価格 20000円
備考