三輪鶴松 赤絵金彩布袋唐子図皿 十枚揃い

作品の解説

この作品は七寸ほどの中(大)皿十枚が一揃いになって共箱に入れられています。共書きの「七夕揃」「焼物皿」から見て“七夕の節会”(*)に因んだ宴会で用いられた皿であると見られ、他にも二十枚が制作されたようですから、三十枚も並んだ宴会は壮観であったと思われます。

サイズ;径23.3cm 高さ3.6cm

*七夕節会(たなばたせちえ);江戸時代に七夕の日は五節句の式日(儀式を執り行う日)と定められ、その日には節会と呼ばれた宴会がとり行われたといわれます。それが明治時代になってもその風習が残っていたと考えられます。

図案を見ると、布袋さま”と“唐子”が囲碁を楽しんでいる様子が描かれ、子供のための縁起のよい図案となったと思われます。囲碁は「手を使う琴・囲碁・書道・絵画の四つの芸」に入っていたので、布袋、大黒、恵比寿の三神様が囲碁を楽しんでいる絵もあります。

手の込んだ絵付でありながら、名工であっても十枚を描いていくと、布袋さまの表情、姿形、唐子の様子、小道具、特に碁盤の上の碁石の数、その置き方などに見られる“ちょっとした違い”があって楽しませてくれます。

この程度の中皿は大皿と扱わられたときもあり、主食の焼き魚をこの皿に盛ったと思われます。この作品の注文主は「焼物皿」を出すほどのお祝いの宴会に主食を盛ってもてなすため、名工による手の込んだ絵付を頼んだと考えられます。

裏銘に「九谷製/三輪画」と書き込まれ、共箱に「七夕揃/九谷焼物皿/廿人(三十人)前之内」と共書きされています。三十枚揃えの一部であったようです。

作品の制作者 三輪鶴松

元治元年(1864)生、明治44年(1911)歿

三輪鶴松は、初代 橋田与三郎に師事し、赤絵細描の技法を修めました。加えて、雪輪の文様や細字などを自分の画風に取り入れました。盃や湯呑の内側に漢詩を書き、外側に雪輪を描いてあればこの人の作品であるといわれるほど得意であったといわれます。また、輸出用の大きな作品も制作しました。

 

管理№ 2006101
展示開始年月日 2020.10.16
希望価格 12600円
備考 共箱付き