矢口永寿 赤絵染付小魚図盃一対

作品の解説

共箱に“雅聚盃”と書かれているとおり、矢口永寿が京の都会的な文化に触れ,繊細で鋭敏な感性が育まれたことから、呉須赤絵と染付の二つの盃からは優雅な,そして洗練された美しいさが漂っています。京風の作風が自然と出ていて“雅”溢れる二つの盃が“聚(あつ)められた”一対となっています。

サイズ

呉須赤絵の盃 口径 約6.5cm 高さ 約2.6cm

染付の盃   口径 約6.2cm 高さ 約2.7cm

一つの盃は真っ白な見込みに鮮明な赤と緑で小魚と水草が呉須赤絵風に描かれています。呉須赤絵が得意であった永楽和全の影響を受けた陶画工が制作したと思われ、京の洗練さがこの作品に現われています。また、側面にはたゆたうような水草の間を泳ぐ小魚が鮮明に描かれ、陶画工が川の流れの中を描こうとしているようです。

もう一つの盃の見込みに染付で数匹の小魚が描かれ、小魚の姿も繊細で、その敏速な動きが伝わってきます。染付の優れた画工によって制作されたと思われます。

表の鮮明な描き方とは違って、裏の高台内には「大明成化年製」と染付で書かれ、この銘は文化人や茶人が憧れた中国陶磁器に倣ったようで、中国磁器への憧れがそうさせたように思われます。

作品の制作者 矢口永寿

明治3年(1870)生、昭和27年(1952)歿

初代 矢口永寿(号は清々軒)は生来の器用人で、書画骨董にも通じていた人といわれます。若いころ大阪へ出て各地を廻り、帰郷後、黒谷焼という楽焼を始めました。そして、明治37年(1904)、永楽和全の高弟 初代 滝口加全を迎えて永寿窯を開き、京風の陶磁器を作ることを始めました。

しかし、矢口永寿自身は陶土に触れることもなく、絵筆もとらなかったといわれ、京、能美、金沢から招かれた多数の陶工や陶画工に自らの趣向を示して制作を依頼しました。こうした永寿窯の作品の質は常に高いものでしたので、矢口永寿を九谷焼の名工と称するようになりました。その後、永寿窯は初代の作風を二代、三代の永寿(共に昧渓(まいけい)と号した)が踏襲し、九谷焼では珍しい茶道具を制作したので、二人は茶道具の名工とも呼ばれるようになりました。

 

管理№ 19032503
展示開始年月日 2020.2.20
希望価格 6500円
備考 共箱付き