制作者不詳 金襴手網の手瓔珞文金魚図鉢

作品の解説

鉢の内側に描かれた網の目は縁から見込みにかけ、だんだんと細かくなっていき、グラデーションしているように見えます。この技巧は“網の手”と呼ばれ、佐野九谷の祖 斉田伊三郎(道開)によって創められ、明治九谷に見られるいくつかの高度な技巧の一つといわれます。その後、この技法は斉田伊三郎の門人あるいはその二代目くらいまでは引き継がれましたが、あまりに難しかったので、後継者が途絶えてしまいました。

この作品が収められている箱には「宮本屋窯/網に金魚図」と書かれていますが、宮本屋窯の画風は中国風の高尚な赤絵細描画を小紋などで埋め尽くして描く“八郎手”と呼ばれるもので、この作品が伝世されるうちに、その見事な赤絵細描から「宮本屋窯」の作品と箱書されたと考えられます。

サイズ 径 約18.7cm 高さ 約7.3cm

金魚と網の図案はごく普通に見られると思われがちですが、細かな網の目を描きその中で数匹の金魚が泳いでいるかのように描くのは技巧のいるとされ、それに加え、赤い地の上に金魚が金で塗られ、鱗も尾ひれも細い線で引かれているところは見事です。“網の手”の図案は金魚のほかに、網の中の水面に浮かぶ紅葉を描いたものもあり、また網の外で金魚が泳いでいる図案もあります。

この作品でもう一つの見どころは。外側の側面を巡らせている赤玉瓔珞文で、赤玉文と瓔珞文とが組まれて描かれていることです。古くから、いずれの文様も吉祥文として使われてきましたが、瓔珞文が焼き物の文様に使われるようになったのは江戸時代からといわれ、明治九谷では佐野赤絵に取り入れられ始めました。それは、赤が魔除けの意味があり、赤で瓔珞文を描くことによって当時流行った疫病鎮静の願いを込めたからといわれます。

銘は赤で塗りくぶされた枠の中に「九谷」の文字が書き入れられています。この方法は江戸末期から見られ、明治九谷も見られます。陶画工が自分の名前を銘として書き入れるようになったのは九谷庄三からといわれ、同じ時代の斉田伊三郎のような名工であっても自分の銘を入れることがなく、角「福」や「九谷」などでした。

作品の制作者 不祥

この鉢の制作者は定かではないのですが、“網の手”と“赤玉瓔珞文”を描けるだけの技巧を持ち合わせた陶画工(名工)は斉田伊三郎か、その門人の一部であると思われます。この作品の銘の入れ方と考え合わせると、一番に想定されるのが斉田伊三郎ですが、ほかには斉田伊三郎の門人の一人で“網の手”で優れた作品を制作した初代 富田松鶴が想定され、富田松鶴が師の創めた“網の手”と“赤玉瓔珞文”を描いたこの作品に、自分の銘を入れることを憚ったと類推されます。

 

管理№ 1810111
展示開始年月日 2020.6.13
希望価格 検討中
備考 保存木箱付き