松勘商店

慶応元年(1865)~昭和20年(1945)

業歴

松勘商店は、慶応元年(1865)、初代 松原勘四郎によって金沢で開業されました。小野山陶器所(小野窯)の記録によれば、それ以前の万延元年(1860)、兄 勘兵衛の名で素地を買い入れたと記録があり、すでに自家製品を扱う陶器商を営んでいたといわれます。
勘四郎は、当初、九谷焼の輸出に力を注ぎ、明治8年(1875)、横浜に支店を設けてから、松勘商店の業績は上がりました。その後、事業は拡張し、松原勘四郎は明治期の金沢豪商の一人となりました。ところが、明治28年(1895)以降、九谷焼の輸出が不振になったので、国内へ販路を変えました。昭和に入ってから、小松衛生陶器も取り扱いましたが、戦後、九谷焼卸商を廃業しました。
商品の製造は、素地を購入してきて、自家においた陶画工から上絵付けした完成品を買い上げる方法でおこなわれました。素地は、主として寺井村湯谷の中口長次窯、国府村の小坂次郎松窯から仕入れ、絵付は、自邸内の給付工場で主任1人に10人余りの陶画工がおこない、高級品などの絵付は、若村泰山、竹田有恒ら3人程の画工に依頼したといわれます。
裏銘は「松原製」「九谷松原製」「大日本松原製」などでした。

作品例