綿野吉二 綿野吉二商店

綿野 吉二  安政6年(1859)生、昭和9年(1934)歿

業歴

綿野 吉二は、明治10年(1877)、父 綿野 源右衛門の跡を継ぎ、明治12年(1879)にはパリに九谷焼の直輸出を試み、翌年、横浜に支店を設けるなど、販路拡張に努めました。また、京浜地区の同業仲間とともに日本貿易協会を設立し、明治15年(1882)には陶商同盟の頭取となりました。

綿野 吉二の貢献は、陶器商人が買弁(外国の貿易業者の仲立ちをする者)を通さず、直輸出をすることを実現させたことです。後に第一高等学校(東京大学)校長となった加賀藩出身の今村 有隣の留学の経験や西洋の経済知識を生かして、フランスへの直輸出の道を開くとともに、パリを拠点とするヨーロッパへの直輸出を開拓したことです。

そして、もう一つの貢献は、粗製乱造の商品が現れはじめた明治15年(1882)、綿野 吉二らの努力で、陶磁器技術の革新の第一人者 納富 介次郎が説いた“生産地のあり方”についての意見をとり入れ、能美郡の九谷業界を同盟規約でまとめ、その後に相ついで発足した、九谷陶器商同盟会、窯元同盟会、陶画工同盟会などが一体となって、業界の問題に対処する体制を作ったことでした。こうして、輸出見本の製作、上絵の徒弟試験の導入、共同窯での統一製品の製作などが実施されたことから、画風が刷新され、輸出が一段と伸びました。

さらに、綿野 吉二は、明治20年(1887)、欧米から求められた品質の高い製品を作るために、自邸に錦窯数基を築き、それを「天籟堂」(てんらいどう)と称しました。そこには小松から石山 文吉、佐々木 梅松、山上 佐吉などが招かれ貿易九谷の絵付をしました。さらに、明治22年には金沢から津田 九憐、柏 華渓、村田 甚太郎、窪田 南山、平松 時太郎、田辺 渓泉などが寺井に招かれ、九谷焼の優品が作られました。その主なものは、高さ1.5mの花瓶、直径90cmに及ぶ大香炉、壷などで、貿易品として盛んに輸出されました。

作品例