谷口金陽堂

明治8年(1875)~昭和32年(1957)

業歴

谷口金陽堂は、明治8年(1875)、金沢で初代 谷口吉次郎によって九谷焼の店舗として開業されました。他の陶器商人よりかなり遅れて、明治28年(1896)に神戸に支店が設け、輸出に力を入れました。

特に、小松の松本佐平・佐太郎親子を招聘したことが谷口金陽堂の業績を拡充させました。佐平の経営していた松雪堂が、明治30年代の経済恐慌の影響を受けて陶磁器産業にもたらされた不況のため、明治36年(1903)に倒産したとき、初代は、親しくしていた松本佐平・佐太郎の親子に支援の手を差しのべ、谷口金陽堂に招き入れました。これによって、佐平は銘「金陽堂佐瓶造」の作品を谷口金陽堂で制作することを晩年まで続けられ、また佐太郎は谷口金陽堂の経営に参画することになりました。

二代 吉蔵は、なおも、事業を進め、明治41年(1908)以降、たびたび、欧米各国、満州、韓国などを往来して九谷焼の販路拡張に努めました。こうして、松本佐平・佐太郎の親子を通して、谷口金陽堂は、明治43年(1910)、石川県よりイタリア万国博覧会への出品を委託されるなど、九谷焼の名声を上げることに貢献しました。

作品例