高橋北山 陶歴と作品

高橋北山の陶歴

慶応2年(1866)生、昭和11年(1936)歿

高橋 北山(義房)は、加賀藩士の家に生まれ、北山を号としました。

北山は、明治15年(1882)、九谷焼の道に入り、修業を積んで技術を磨き、金襴手で仕上げた作品をよく制作しました。その後、自家に窯も築いて陶画工に絵付けをさせて制作するという制作方法でいろいろの分野の九谷焼を制作しました。このギャラリーに展示を予定している「宮荘一藤画 金襴手牡丹図カップ&ソーサー」がその例です。

また、“書”が得意であったので、その能力を活かし、九谷細字(索引「人物と用語」)を取り入れた作品を制作したといわれます。

高橋北山堂

高橋北山は、明治30年(1897)、31才のとき、金沢に九谷焼を製作販売する目的で高橋北山堂を開きました。店舗で扱う商品は、自作のものであり、素地を利岡光仙窯や鴬谷窯などの窯元から購入し、自家に画工を置いて絵付をさせる方法で製作され、不足分については仕入して販売しました。現在も金沢市内で店舗を構えて九谷焼の販売を行っています。

高橋北山の制作品

高橋北山 赤絵金彩牡丹図皿

扇形の割取を中央に置いて、その周りに五つの割取を配置しています。割取の中には人物図と風景図は加飾されていないものの、(続く)

 

鏑木製北山書 金襴手人物図馬上杯

小さな杯の外側には縁と脚周りを金襴手の文様で飾り、そのわずかなすき間に人物と風景が描かれています。内側には九谷細字の先駆けといわれる、(続く)

 

高橋北山 色絵金彩人物百態図碗 一対

小ぶりの碗の内と外に多くの人物、特に働く様々な人々が描かれています。特に、内側には無数の形の異なる割取の中に人々が描かれています。(続く)