明治九谷の特色 ② 青九谷の再現

明治九谷の中で「赤絵」は独特のより繊細で品格に満ちた製品でしたので、広く国内外で好まれ、明治初期から中期にかけ全盛期を迎え、その後も昭和初期まで製作されました。その絵付に従事した陶画工は200人以上いたといわれ、名工も「赤絵」の名品を数多く残しました。

ところが、明治20 年(1887)頃から、能美地方では「赤絵」の生産が最高の域に達する一方で、粗製品がますます横行し「赤絵」自体が国内外から飽きられるという事態に発展しました。これを目の当たりに見た松本佐平は、明治26年(1893)頃に「赤絵」と「青九谷」(表の模様に緑色を多く使った九谷焼)の双方を融合させた「松雲堂風」という画風を創り出し、古九谷や吉田屋窯以来の伝統的な青九谷が再び見直されるようになりました。

松本佐平の「松雲堂風」の特色は図案を素地の全面に描く点にあり、より絵画的な作風であったことです。図案を描くための十分な余白を確保し、白い器面に図案を絵付しました。その図案の多くは独特の色絵(九谷五彩よりも多彩な絵の具を使った)で描かれた花鳥図であり、従来から用いられた和絵の具だけでなく、和絵の具と洋絵の具の両方を用いたので、これまでの「青九谷」に比べ、全体に釉薬が薄くなったものの、色彩豊かとなりました。

次第に、当時の陶画工の中から古九谷や吉田屋窯を思慕し、「青九谷」を追及する陶画工が現れました。その陶画工の中に明治期の青九谷の最初の名工とされた初代 徳田八十吉と初代 松本佐吉がいました。

初代 徳田八十吉は、松本佐平の義弟で、狩野派画家 荒木探令から絵画を、松本佐平から陶画を学び、古九谷と吉田屋窯の作風の再現に取組みました。若い頃から釉薬の改良と創作にも腐心し独自の彩釉を発明しました。それが「深厚釉」でした。

初代 松本佐吉は、明治41年(1908)に佐平の養子になって絵付工場「松雲堂」を引き継ぎましたが、佐吉は、九谷五彩(青,黄,紺青,紫,赤)を駆使して色絵や「青九谷」を制作しました。特に、「青九谷」の美しさに重点を置いて表現し、古九谷、吉田屋窯などの絵柄と色合いの再現に情熱を注ぎこんだことで、後に「青九谷」の名工と呼ばれるようになりました。

参照;松本佐吉 色絵鶴文八角瓢形徳利一対 倣古九谷