明治九谷の特色 ③ 多くの名工を育んだ明治九谷

当時、九谷焼は欧米の嗜好に合わせ、日本画的で芸術的な高い表現力溢れる製品を造り出しましたが、それを製作したのは、いわゆる一介の職人たちではなく、江戸末期の再興九谷の諸窯に来歴をもつ陶工やその末裔たちであり、彼らのほとんどは若いときに狩野派などの絵画、あるいは明治期に誕生した日本画などを修得し、さらに名窯において陶画を修業していたので、日本画のような図案や文様を描くことができました。

一方、そうした着画を可能にしたのは良質な素地があったからでした。江戸末期になると、佐野窯、小野窯などの窯元から独立し絵付窯を持った斉田伊三郎、九谷庄三ら陶画工は大量に良質の素地を求めました。当時、能美の若杉窯や小野窯の窯元では、本多貞吉が遺していった築窯技術が進み、良質の陶石を使って素地の品質が改良され続けました。こうして、素地作りと絵付業の分業が進んでいきました。

明治に入って、さらに、テーブルウエアのように均一、軽量な素地を効率よく大量に生産し、それを陶画工、絵付工房、陶器商人などに供給することが求められました。分業化が進む中で、小松市八幡村を中心に製陶業を生業とする素地窯がたくさん出現しました。その窯は素地屋と呼ばれ、陶工 松原新助が早くから台頭し、その後、海外から取り入れた鋳込み石膏法が松田与三郎によって広められ、素地作りの生産技術が大いに進みました。

このように、明治九谷で活躍した陶工も陶画工も高い品質の要望に応えて製品の製作を重ねるうちに、新しい技術や画法も創出し名品を生み出したことは、多くの名工が明治九谷によって育まれたと考えられます。

参照;九谷焼解説ボランティア「明治九谷の歴史 明治九谷の陶工・陶画工