西埜仁太郎 色絵金彩布袋唐子図深鉢

作品の解説

「布袋と唐子」の図案は、水墨画、狩野派の絵画、浮世絵などに見られますが、この作品には布袋が数人の唐子と遊んでいるところが描かれています。円満な容貌の布袋さま”と“無邪気に遊ぶ唐子”とがうまく調和している深鉢からは祝い事のために制作された縁起物であることがわかります。

サイズ 径 約30.3cm 高さ 約8.5cm

 

 

“布袋さま”は、唐時代に実在した僧といわれながらも、日本では福をもたらす七福神に加えられたのは“布袋さま”に誰もが感じる親しみやすさがあったからと思います。

ここに描かれた布袋さまの表情は、にこやかで、額が広く、太鼓腹で、しかも大きな袋を持ち歩いていた粗衣の姿に親しみを感じたからと思います。

 

 

“唐子”の図案が唐時代に日本へ伝わったことから、“唐(の国)の子”とか“唐子”と呼ぶようになり、次第に、より多くの男の子供を描くことで多子多産、子孫繁栄に繋がると考えられるようになりました。この作品では、富貴繁栄、子宝をつかさどる神様として“布袋さま”と元気に遊ぶ数人の唐子とを上手く組み合わせ、縁起の良いことを願って制作されたと思われます。

 

 

この鉢は歪みのないどっしりとした成型が見どころです。記録によれば、明治元年(1868)に江沼郡栄谷村に開かれた素地製造で定評の北出窯(後の青泉窯)に“ロクロ師 西野仁太郎”と記されています。このことから、一時期、西野 仁太郎が北出窯においてろくろ師として活動した後、能美郡佐野村に戻り、村の山間部に立ち並ぶ本窯においてこの鉢の素地の制作に係ったとも考えられます。

 

銘は「九谷/西埜製」と入っています。

 

 

 

 

 

 

作品の制作者    西野 仁太郎

生歿年不明

西野 仁太郎は、佐野村で制作活動を行った初代 橋田 与三郎(1851嘉永4~1926大正15年)の門弟の一人でした。独立してからも、引き続き、国内向けの作品を制作しました。その後、西野 仁太郎は能美九谷陶磁器同業組合の内地商部代議員を務める(大正2年の記録)など、九谷焼の制作販売において活躍しました。

管理№ 18111106
展示開始年月日 2020.1.26
販売価格 売却済み
備考 購入者のご厚意で画像を掲載しています

中村秋塘 赤絵金彩竹に雀図徳利

作品の解説

中村秋塘の精微な画風は、竹内 吟秋やその弟の浅井 一毫に代表される赤絵金彩細描を特徴とする江沼九谷の画風を受け継ぐ、気品の高さを誇りとするものです。素地の白さを際立てながら赤と金のみによって造り出された細描画の作品です。

サイズ 口径 約2.2cm 胴径 約8.8cm 高さ 約16cm

ふっくらとした徳利の胴の面に、つがいの雀が竹やぶの巣に戻るところを描いているようです。一方の雀がもう一方の雀を見守るように振り向いているところが愛らしく描かれていています。

徳利の頸から胴にかけ波、格子、蛸唐草などの文様が細描され、下の方の矢羽の文様も手を抜くことなく描かれています。

銘は「九谷/秋塘造」と書き入れられています。

作品の制作者  初代 中村 秋塘   

慶応元年(1865)生、昭和3年(1928)歿

中村 秋塘は、大聖寺に生まれ、明治10年(1877)、12才のとき、八郎手を得意とした父 中村 茂一郎の陶画業(明治元年(1868)に始めていた)を継ぎました。そんな矢先の明治11年、竹内 吟秋が陶画法を教えるために創立した私学校「惟新社」に入り、吟秋から陶画を学びました。

こうして、父の遺風と竹内 吟秋の教えを活かすと共に、広く諸窯の技法を研究した末、赤絵金彩細描に卓越した技能を発揮しまた。秋塘の精微な画風は気品の高さを誇りとする江沼九谷の真髄と受け継ぐといえます。

秋塘窯   大正6年(1917)~現在

秋塘窯は、大正6年(1917)、中村秋塘によって自宅に開かれました。

赤絵金彩細描の作品や開窯の前年に開発した砡質手の作品などはいずれも優品でると高い評価を得ました。この窯の製品の販売先は主として大聖寺の井上商店であったといわれます。

この窯で養成された陶工と陶画工

ロクロ師・・・滝口 加全(大正9年まで)、福岡 義一

上絵付・・・・梶谷 竹塘、篠尾 忠次郎、庄田 某、笹居 忠次郎、宇谷 秋香、宇谷 秋水、初代 井上 秋晴、小島 秋江、浜坂 楓塘

管理№ 18080406
展示開始年月日 2019.9.25
希望価格 9400円
備考 保存木箱付き

中野忠次 色絵金彩七福神花鳥山水図皿

作品の解説

明治期の初めのころよく利用された割取には、七福神図、花鳥図、山水図が、そして裏には四君子図が描かれています。それらの図案は、庄三風の画風で早くから採用された洋絵の具から造り出された様々な中間色で彩られ、見事です。

サイズ;幅約23.4cm 高さ約4.2cm

七福神図が赤、灰、金銀で華やかに彩られた中央の割取をはさんで、左の割取には写生されたような花鳥図が、そして、右の割取には水墨画のような山水図が描かれています。そしてそれらの周りは文様、金襴手、石目打ちで装飾されています。

とりわけ、花鳥図や山水図には、赤、ピンク、灰、茶、肌色、淡青などの中間色で彩られ、金、銀で加飾されています。こうして、花鳥、山水などは自然に近い色で描かれています。

この作品で驚かされることは、普通、表に描かれることの多い四君子図が裏一面に巡らされていることです。四君子図は工芸品のモチーフとしてよく用いられましたが、裏面を覆い尽くしているところがこの作品のもうひとつの見どころといえます。

蘭、竹、菊、梅の4種の草木が一つ一つ丁寧に中間色がバランス良く塗られ、それぞれの植物がもつ気品のある美しさを際立たせています。自然の美しさを上手く表現し、一方で、描き方は精緻を極め、全体が美しく仕上げられています。

銘は「大日本/九谷製/中埜画」と書き込まれ、銘の近くに刻印「九谷」が押されています。原産国の“日本”を入れた明治九谷の多くが輸出九谷でしたので、輸出のために制作されたことが考えられます。

作品の制作者     中野忠次

生歿年不明

中野忠次の陶歴は不明なところがあり、はっきりしたことは、九谷庄三(天保13年(1816)~明治16年 (1883))の工房には初代 武腰善平、中川二作、小坂磯右衛門、中野忠次、笠間弥一郎(秀石)らが工房を支え、後に彼らが名工になったということです。

この作品の画風からは、中野忠次が九谷庄三から薫陶を受け、「庄三風」よりも金彩を控えめにし、自然の美しさを表現し、また精緻に仕上げているところが感じられます。

管理№ 19091308
展示開始年月日 2020.3.8
販売価格 売却済み
備考 購入者のご厚意で画像を掲載しています

友田九径 金襴手桐鳳凰文襖引小皿一対

作品の解説

襖引(襖の引手)とも考えられるこの一対の輪花形の小皿一対は、表の縁に金襴手で鳳凰が描かれ、見込みに桐の花の文様が金彩されています。裏に赤と金で瑞雲と思われる文様が太くしっかりと描かれています。制作者の銘を書き入れているところを見ると、この作品が高く評価されたことがわかります。

サイズ;2枚とも 径 約9.8 cm 高さ 約1.6 cm

鳳凰の文様が金襴手で描かれていますが、ところどころで金を掻き落とす手法で極細の線を表現しています。桐の文様も古くから吉祥文として使われ、明治時代以降も政府の紋章として日本の国章に準じる扱いがされ、一般が使用する桐の文様と区別されていましたが、ここでは区別されずに両方が使われているようです。

裏は赤と金によって瑞雲が漂っている光景が描かれています。小皿の形を見ると、縁にいくほど薄く造形され、しかも切り込みも入れて輪花の形にしているので、見るからに、高い技術を持った陶工によって作られたと考えられます。

銘は「大日本/九徑堂製/於九谷」と書き込まれています。

作品の制作者 友田九径(安清)

文久2年(1862)生、大正7年(1918)歿

友田 九径は、当時の著名な絵師や陶画工から絵画や陶画を学び、明治14年(1881)、陶画業を始めました。藤岡岩花堂に笹田 友山、清水 清閑らと共に陶画工として在籍し、そこで技量を積み重ねたといわれ、それがもとで金沢九谷の絢爛豪華な優品を制作しました。

九径の功績は、ゴッドフリード・ワグネル(索引「人物と用語」)から絵の具の調合法と陶磁器製造法を学び、その時の知識と経験を活かして、九谷焼に適した絵の具を開発し、明治24年(1891)頃から多くの洋絵の具の改良に成功したことです。九径が開発した安価で高品質の絵の具は、明治九谷に多彩な華やかさを加え、素地からの絵の具の剥離を起こさなかったため、陶画工の間で広まり、品質の良い明治九谷を作ることに大きく貢献しました。

管理№ 18101304
展示開始年月日 2019.11.24
希望価格 6800円
備考 保存木箱付き

谷 秋渓 赤絵竜鳳図瓢形六角徳利一対

作品の解説

六角の徳利の表面には竜と鳳(おおとり 鳳凰のうちの雄)が緻密に描かれ、その裏面には白と金で瑞雲が漂っている情景が描かれています。赤の色調で、金彩を抑えて華美のないところが谷 秋渓独特の赤絵細描であるようです。

サイズ 胴径 約7cm 高さ 約13㎝

 

 

谷 秋渓は、この作品では竜のような瞳と鳳のような頸を持ち合わせればこの上なく尊い人相となるとの中国の故事「竜瞳鳳頸」をモチーフにしたと思われますが、日ごろ、下絵を見ずに一気に絵付ができたといわれたとおり、竜にも鳳にもその筆致に勢いが感じられます。

 

 

 

竜と鳳の図案の裏に回ると、表の赤絵金彩とは対照的に、白と金の瑞雲がたなびく天空の情景が一面に描かれています。表の面で竜や鳳の力強さを表し、裏の面で漂う瑞雲を描いているところに秋渓の巧みさが見られます。

 

 

 

 

銘は鮮やかな素地の白さの中に「九谷/秋渓」と赤で書き入れられています。

 

 

 

 

 

作品の制作者  谷 秋渓  

明治21年(1888)生、昭和44年(1959)歿

谷 秋渓は、江沼郡大聖寺に生まれ、明治九谷の名工 竹内 吟秋(天保7年(1836)生、大正5年(1916)歿)とその三男 広沢 芦秋に師事し、吟秋の門人の一人となりました。吟秋から一字をもらって「秋渓」を号とし、独立して山代で陶画業を営みました。

秋渓は、竹内 吟秋から多くのことを継いだといわれ、この作品のように、力強い筆致のなかにも優美さのある作品を多く制作しました。

管理№ 18091614
展示開始年月日 2020.2.10
販売価格 売却済み
備考 購入者のご厚意で画像を掲載しています

竹内安久 金襴手草花図瓢型花入れ一対

作品の解説

高さ20㎝ほどの一対の花入れには日本画のような精緻な草花図などがたくさん描かれています。四季の草花で華やかに絵付けされ綺麗な造形であるので、欧米の邸宅のリングによく見られる暖炉に取り付けられたマントルピース(シェルフ 索引「人物と用語」)の上に置かれたことが考えられます。明治初期に輸出された1mを超すような花瓶とはまた違い、リビングを華やかに飾ったと思われます。

サイズ;口径 約5.2㎝ 胴 約10.9㎝(下の部分) 高さ 約17㎝

一個でも日本の床の間に置いてもよいほど、日本画のような図案が球面の窓の中に繊細に描き込まれています。四季のいろいろな草花、あるいは鶯、雀などの小鳥、セミ、兎、鶏,ヘチマなどが細やかに描かれているので、向きを変えて四季の情景や好みの図案が楽しめたと思われます。

形が瓢で、付き物の紐房も造られ、美しい造形です。絵の具の剥離も見られない良い素地です。この製作者(陶器商人 綿野吉二)が特注で何個か作らせた素地の中から2個を使って名工が絵付したと考えられます。画像の真ん中の瓢型の作品は、製作者が不明ですが、この一対の花入れとほぼ同じ形であるので、特注の素地の一部を使って製作されたと思われます。

銘は「加賀国/綿野製/竹内画」と書き入れられています。陶器商人の中で巨商と呼ばれた綿野吉二が多くの名工に制作を依頼したことは知られていますが、陶画工の銘が入っている綿野製品が少ないことから、この作品は特異であると思われます。

作品の制作者

竹内安久   生年? 没年?

竹内安久は、金沢九谷の名工といわれ、誠山堂と号しました。当初、内海吉造が起業した為絢社に入り、明治初期に盛んだった金沢九谷の輸出品の絵付に従事しました。その後、独立して陶画業を始め、金襴手の作品を主に作りました。

管理№ 2011271B
展示開始年月日 2021.2.18
希望価格 21600円
備考

高橋北山 赤絵金彩牡丹図皿

作品の解説

径34㎝の大皿には庭先に植えられた年代(風格)を感じさせる牡丹の庭木一本が描かれています。牡丹の色合いも落ち着いていて、牡丹の花なども金彩されていますが、縁の四か所に描かれた金襴手の文様、金彩された図案によって牡丹が引き立てられています。

牡丹はその花言葉「富貴」や「高貴」の象徴であったこともあり、その苗木は高価でしたので、一部の富裕層しか楽しめなかったといわれます。ところが、明治期になると、シャクヤクの台木を用いた牡丹の接ぎ木方法が考え出されると、普通の庭木として広まったといわれます。

この作品の制作者も自宅かどこかの家の庭先にあった牡丹を見て、「風格ある振る舞い」という別の花言葉と落ち着いた作風とを重ね合わせてこの「牡丹図」を描いたように思われます。

明治期に輸出された大皿や大きな花瓶の素地を造るのは大変な労力がいる作業であり、高度な技術も必要でしたが、それらの輸出がひと段落すると、優れた陶工によって歪みのない、均一の厚さで、また洋絵の具と乖離しない大型の素地が製作され、大皿類(このギャラリーに展示されている「高田嶺山 色絵金彩厳島神社図大皿」など)が国内向けにも多く制作されました。

銘は一行書きで「九谷北山」と書かれています。他に「九谷北山堂」があります。

作品の制作者

高橋 北山   慶応2年(1866)生、昭和11年(1936)歿

高橋 北山(義房)は、加賀藩士の家に生まれ、北山を号としました。北山は、明治15年(1882)、九谷焼の道に入り、修業を積んで技術を磨き、金襴手で仕上げた作品をよく制作しました。その後、自家に窯も築いて陶画工に絵付けをさせて制作するという制作方法でいろいろの分野の九谷焼を制作しました。このギャラリーに展示を予定している「宮荘一藤画 金襴手牡丹図カップ&ソーサー」がその例です。

また、書道が得意であったので、その能力を活かし、九谷細字(索引「人物と用語」)を取り入れた作品を制作したといわれます。ただ、そうした作品を見る機会は少ないので、輸出されたと考えられます。

高橋北山堂
高橋 北山は、明治30年(1897)、31才のとき、金沢に九谷焼を製作販売する目的で高橋北山堂を開きました。店舗で扱う商品は、自作のものであり、素地を利岡光仙窯や鴬谷窯などの窯元から購入し、自家に画工を置いて絵付をさせる方法で製作され、不足分については仕入して販売しました。現在も金沢市内で店舗を構えて九谷焼の販売を行っています。

管理№ 2101083B
展示開始年月日 2021.2.16
希望価格 22500円
備考

高田嶺山 金襴手割取人物風景図皿

作品の解説

扇形の割取を中央に置いて、その周りに五つの割取を配置しています。割取の中には人物図と風景図は加飾されていないものの、割取と割取の間が金襴手の緻密な文様で埋められているので、額縁で飾られているように見えます。

サイズ;径 約18.5cm 高さ 約2.5cm

割取の中の図案を見ると、人物画と風景図がそれぞれ三通り描かれています。富士の山の姿が描かれている割取が二つあり、別の割取に書かれた家屋の屋根がまた富士の山のように見えます。梅や桜も咲いているなどを考えると、どこかの名所を描いているのか、制作者が“物語もの”の図案が得意であったことから、物語のある場面を表しているようにも見えます。

額縁のような金襴手の文様が細密に華やかに描かれています。それらの文様はところどころで金で盛り上げ、全体的に色も鮮やかです。

銘は「九谷造/高田製」と書き込まれています。他に「九谷/高田画」があります。

作品の制作者

作品の制作者については「高田嶺山の制作品と陶歴」を検索してください。

管理№ 2003232A
展示開始年月日 2020.10.2
希望価格 7000円
備考

高田嶺山 色絵金彩厳島神社図大皿

作品の解説

大皿に広島県の厳島神社が鳥瞰図法によって描かれています。厳島神社の絵図については古くから「厳島図屏風下絵」や江戸時代以降の“厳島図”の粉本があり、また、明治以降も鳥瞰図で描かれた観光案内図がありました。高田 嶺山による厳島図は“名所絵”のようであり、裏表を合わせ見ると、厳島神社の観光絵図を見ているような気になります。

サイズ 径 約45.5cm 高さ 約7.7cm 高台径 約25cm

見込みには、社殿を中心に、海上の大鳥居、御笠浜と鹿の群れ、豊国神社、五重塔、神社の社務所、西松原と灯篭、鹿の群れなど厳島神社の各所が克明に描かれています。

高田 嶺山が交流のあった笠間 竹雪(画家としても有名)、石田 一郷らから影響を受けて、理想郷的に山水ではなく、風景を表現しているようです。

(3枚目)

見込みの左側から上側にかけ、細かな点の技法(白粒)を使って豊国神社と五重塔、その周囲に桜が咲いている“春の宮島”が描かれ、裏には、咲き誇る菊の花と紅く染まった楓の葉が描かれていて、“秋の厳島・宮島”も案内しているように見えます。

銘は「於九谷/土〇製/高田画」と書き入れられています。他に「九谷/高田製」があります。

作品の制作者

作品の制作者については「高田嶺山の制作品と陶歴」を検索してください。

管理№ 1809132
展示開始年月日 2020.1.19
希望価格 16800円
備考

高田 嶺山の制作品と陶歴

高田 嶺山の制作品

① 高田嶺山 色絵金彩厳島神社図大皿

高田 嶺山による厳島図は“名所絵”のようであり、裏表を合わせ見ると、厳島神社の観光絵図を見ているような気になります。(続く)

 

 

② 高田嶺山 金襴手割取人物風景図皿

扇形の割取を中央に置いて、その周りに五つの割取を配置しています。割取の中には人物図と風景図は加飾されていないものの、割取と割取の間が金襴手の緻密な文様で埋められ(続く)

 

高田 嶺山の陶歴

高田嶺山(作太郎)  明治6年(1873)生、昭和9年(1934)歿

高田 嶺山は、父 伝右衛門が文久3年(1863)から寺井大長野村で焼物窯を営んでいたので、10才のころに父の作業を見ているうちに絵付を始めたといわれます。後に、金嶋 岩嶺(詳細不明)に師事しました。師から一字をもらい「嶺山」と号するようになりました。

高田 嶺山は九谷焼の基本であった骨描きに卓抜した巧さがあったといわれ、合わせて、当時盛んに使われていた洋絵の具について研讃を積み、和洋の絵の具のどちらも使いこなすことができるようになったので、風景画に近い絵付ができたといわれます。

制作品には、物語もの、田作り作業図など生活に定着したものがあるほか、絵画風の趣向が強いものもあります。