制作者不詳 金襴手網の手瓔珞文金魚図鉢

作品の解説

鉢の内側に描かれた網の目は縁から見込みにかけ、だんだんと細かくなっていき、グラデーションしているように見えます。この技巧は“網の手”と呼ばれ、佐野九谷の祖 斉田伊三郎(道開)によって創められ、明治九谷に見られるいくつかの高度な技巧の一つといわれます。その後、この技法は斉田伊三郎の門人あるいはその二代目くらいまでは引き継がれましたが、あまりに難しかったので、後継者が途絶えてしまいました。

この作品が収められている箱には「宮本屋窯/網に金魚図」と書かれていますが、宮本屋窯の画風は中国風の高尚な赤絵細描画を小紋などで埋め尽くして描く“八郎手”と呼ばれるもので、この作品が伝世されるうちに、その見事な赤絵細描から「宮本屋窯」の作品と箱書されたと考えられます。

サイズ 径 約18.7cm 高さ 約7.3cm

金魚と網の図案はごく普通に見られると思われがちですが、細かな網の目を描きその中で数匹の金魚が泳いでいるかのように描くのは技巧のいるとされ、それに加え、赤い地の上に金魚が金で塗られ、鱗も尾ひれも細い線で引かれているところは見事です。“網の手”の図案は金魚のほかに、網の中の水面に浮かぶ紅葉を描いたものもあり、また網の外で金魚が泳いでいる図案もあります。

この作品でもう一つの見どころは。外側の側面を巡らせている赤玉瓔珞文で、赤玉文と瓔珞文とが組まれて描かれていることです。古くから、いずれの文様も吉祥文として使われてきましたが、瓔珞文が焼き物の文様に使われるようになったのは江戸時代からといわれ、明治九谷では佐野赤絵に取り入れられ始めました。それは、赤が魔除けの意味があり、赤で瓔珞文を描くことによって当時流行った疫病鎮静の願いを込めたからといわれます。

銘は赤で塗りくぶされた枠の中に「九谷」の文字が書き入れられています。この方法は江戸末期から見られ、明治九谷も見られます。陶画工が自分の名前を銘として書き入れるようになったのは九谷庄三からといわれ、同じ時代の斉田伊三郎のような名工であっても自分の銘を入れることがなく、角「福」や「九谷」などでした。

作品の制作者 不祥

この鉢の制作者は定かではないのですが、“網の手”と“赤玉瓔珞文”を描けるだけの技巧を持ち合わせた陶画工(名工)は斉田伊三郎か、その門人の一部であると思われます。この作品の銘の入れ方と考え合わせると、一番に想定されるのが斉田伊三郎ですが、ほかには斉田伊三郎の門人の一人で“網の手”で優れた作品を制作した初代 富田松鶴が想定され、富田松鶴が師の創めた“網の手”と“赤玉瓔珞文”を描いたこの作品に、自分の銘を入れることを憚ったと類推されます。

 

管理№ 1810111
展示開始年月日 2020.6.13
希望価格 検討中
備考 保存木箱付き

富田松鶴 金襴手網の手金魚図鉢

作品の解説

鉢の内側と外側には張り巡らせた網の目が下に行くほどだんだんと細かくなっていくように描かれています。この繊細で技巧のいる描き方は佐野赤絵の祖 斉田道開(伊三郎)によって考案され、“網の手”と呼ばれました。それは斉田道開の門下によって受け継がれ、門人によって”網の手”にも変化がありますが、この”網の手”が得意とされた 初代 富田松鶴が制作したものです。明治九谷の赤絵細描において一つの画風を築きました。

サイズ 口径 約11.8㎝ 高さ 約7.2㎝

鉢の内側を上から見ると、四匹の金魚が網の中で泳いでいるかのようで、網の目が底に行くほど細かくなり、真ん中の金襴の紗稜文のところで網がまとめられているようで、巧みな構図です。

こんどは横から見ると、やはり網の中で四匹の金魚が泳いでいる様子が描かれています。金魚図にも巧みな筆さばきが見られ、金襴で描かれた金魚のうろこ、尾ひれのすじ模様、小さな可愛い黒目などが細描されています。

銘は「九谷/松鶴堂/七十五翁筆」と書き入れられています。斉田道開の他の門人の中にも、七十歳を超えたことを寿ぐようにこうした書き入れをした門人がいます。門人の一人であった初代 橋田与三郎も「加賀/九谷/七十六翁/与三郎」と書き入れています。斉田道開が明治元年七十四歳で亡くなっていることと関係があるようです。

作品の制作者 初代 富田松鶴(三郎平)

弘化4年(1847)生、大正14年(1925)歿

初代 富田松鶴は、斉田道開の門人となり、その後、慶応3(1867)年に独立して陶画業を始め、松鶴と号しました。特に、斉田道開の”網の手”を受け継ぎ、それを取り入れた赤絵が優れているといわれ、他にも赤絵小紋の平鉢、蓋物、湯呑、青粒を取り入れた壺、金襴手などに傑作を残しました。この初代の画風は二代 松鶴(栄作)に受け継がれました。

 

管理№ 2104081
展示開始年月日 2021.5.8
希望価格 17800円
備考

米田五三郎 色絵金彩恵比寿図皿

作品の解説

五枚の皿に描かれた恵比寿様からは顔の表情や全体の姿に親しみが感じられます。当時、北前船によって商売繁栄がもたらされると考えられた加賀国では、殊の外、恵比寿様が漁業や商業の神様として信仰され、九谷焼の置物、飾り皿、酒器、銘々皿などに“おめでたい縁起物”の題材として取り上げられてきました。

サイズ 径 約14.9~15cm 高さ 約3~3.1cm

恵比寿様は“恵比須顔”でも知られた神様ですが、“おめでたい縁起物”の題材として取り上げた陶画工たちは“恵比須顔”に仕上げるのに苦労したといわれます。顔の表情、福耳、鯛を手にして釣竿や魚籠(びく)を担いだ姿から、いかに福々しさが感じられるかに苦心したといわれます。

米田五三郎の描いた五枚の恵比寿様の表情を見ると、恵比寿様の顔の表情が丁寧に描かれ、それだけに一枚一枚を見ていると面白くなります。

この作品で興味深いのは、立体的な白い波文様です。恵比寿様の足元に打ち寄せる小波は盛り上げて描かれ、皿の縁の三か所にも波の文様も同じで、いずれも白い絵の具(白盛)で盛りあげています。明治26年(1893)名工の友田安清が開発した白の顔料“白盛”によって素地や周りとの微妙な色あいの違いが表現できるようになったといわれます。

銘は「九谷/米田」と書き入れられています。このほか「九谷/米田製」「大日本九谷造/米田画」などがあります。

作品の制作者 米田五三郎

生年歿年不明

米田五三郎は、明治初めには寺井根上村の陶器商人でした。工芸品として有名になった八幡の置物を広く販売したことから八幡の窯元から信頼され、次第に九谷焼の花器、香炉なども扱うようになりました。

ある記録によれば、明治21年、荒木探令(狩野派画家)、山本光一(江戸琳派の絵師)が招かれて、九谷焼の画法の改良を促し、技術水準の向上を図るための指導が行われたとき、亀田山月、初代 須田菁華らとともに参加したことがわかります。このことから、米田五三郎が九谷焼の制作に係っていたことがうかがわれ、明治40年(1907)に米田陶香堂を創設し、広く九谷焼の製造販売を手がけるようになりました。

米田陶香堂

1907年(明治40年)創業してから現在に至るまで、九谷焼の製造・販売を続けています。ただ、置物、花器、香炉などを製造し販売した時期もありましたが、現在は置物の専門窯として事業を続けています。

 

管理№ 19031503
展示開始年月日 2020.5.24
希望価格 6700円
備考 保存木箱付き

矢口永寿 赤絵染付小魚図盃一対

作品の解説

共箱に“雅聚盃”と書かれているとおり、矢口永寿が京の都会的な文化に触れ,繊細で鋭敏な感性が育まれたことから、呉須赤絵と染付の二つの盃からは優雅な,そして洗練された美しいさが漂っています。京風の作風が自然と出ていて“雅”溢れる二つの盃が“聚(あつ)められた”一対となっています。

サイズ

呉須赤絵の盃 口径 約6.5cm 高さ 約2.6cm

染付の盃   口径 約6.2cm 高さ 約2.7cm

一つの盃は真っ白な見込みに鮮明な赤と緑で小魚と水草が呉須赤絵風に描かれています。呉須赤絵が得意であった永楽和全の影響を受けた陶画工が制作したと思われ、京の洗練さがこの作品に現われています。また、側面にはたゆたうような水草の間を泳ぐ小魚が鮮明に描かれ、陶画工が川の流れの中を描こうとしているようです。

もう一つの盃の見込みに染付で数匹の小魚が描かれ、小魚の姿も繊細で、その敏速な動きが伝わってきます。染付の優れた画工によって制作されたと思われます。

表の鮮明な描き方とは違って、裏の高台内には「大明成化年製」と染付で書かれ、この銘は文化人や茶人が憧れた中国陶磁器に倣ったようで、中国磁器への憧れがそうさせたように思われます。

作品の制作者 矢口永寿

明治3年(1870)生、昭和27年(1952)歿

初代 矢口永寿(号は清々軒)は生来の器用人で、書画骨董にも通じていた人といわれます。若いころ大阪へ出て各地を廻り、帰郷後、黒谷焼という楽焼を始めました。そして、明治37年(1904)、永楽和全の高弟 初代 滝口加全を迎えて永寿窯を開き、京風の陶磁器を作ることを始めました。

しかし、矢口永寿自身は陶土に触れることもなく、絵筆もとらなかったといわれ、京、能美、金沢から招かれた多数の陶工や陶画工に自らの趣向を示して制作を依頼しました。こうした永寿窯の作品の質は常に高いものでしたので、矢口永寿を九谷焼の名工と称するようになりました。その後、永寿窯は初代の作風を二代、三代の永寿(共に昧渓(まいけい)と号した)が踏襲し、九谷焼では珍しい茶道具を制作したので、二人は茶道具の名工とも呼ばれるようになりました。

 

管理№ 19032503
展示開始年月日 2020.2.20
希望価格 6500円
備考 共箱付き

八木甚作 金襴手牡丹草花図皿

作品の解説

“牡丹と草花”が皿一面に金襴手で描かれ、縁は文様で飾られています。牡丹の背景を石目打ち(細かい点描)で埋めています。構図的には師であった内海吉造作の「金襴手牡丹に雀図皿」によく似ています。

サイズ 幅 約20.8cm 高さ 約2cm

上から垂れ下がる枝の下には、大輪の牡丹とその周りを囲む草花が描かれています。目を引くのは、黒または濃い灰色の葉の上から金で葉脈が細描されていて、赤でも落ち着いた感じを与えてくれるため、赤や金で絵付された華やかな作品とは異なるところがあります。

この皿の大きさでは裏面に図案や文様が描かれることは珍しいのですが、この皿では簡略された七宝文が一回りしています。七宝文の意味と重ね、人々との繋がりを大切にした制作者の気持ちが込められているようで、屋号「開匠軒」(後述)と合わせて意味のある文様です。

銘は「九谷/開匠軒甚作製」と書き入れられています。この屋号は金沢で修業した後、能美粟生村に戻ってからつけたといわれ、近隣の子弟に陶画を教えるために窯を開き、自分の技術を惜しげもなく教えたといわれますから、八木の匠としての情熱がうかがわれます。

作品の制作者 八木甚作

嘉永2年(1849)生、明治39年(1906)歿

八木甚作は、文久3年(1863)、15才のとき、粟生村の市川嘉右衛門に陶画を学び、後に金沢に出て内海吉造の下で画風の改良を研究し、一方で内海の高弟といわれるまでになりました。ほかに書、日本画を学びました。

明治6年(1873)、寺井粟生村に帰り、窯を開いて開匠軒と称しました。そこで陶画工を育てたので、明治中期以降、八木の門弟らによって佐野の赤絵系と金沢の画風がその村で盛んであったといわれます。

 

管理№ 19103111A
展示開始年月日 2020.5.21
販売価格 売却済み
備考 購入者のご厚意で画像を掲載しています

三輪鶴松 赤絵金彩布袋唐子図皿 十枚揃い

作品の解説

この作品は七寸ほどの中(大)皿十枚が一揃いになって共箱に入れられています。共書きの「七夕揃」「焼物皿」から見て“七夕の節会”(*)に因んだ宴会で用いられた皿であると見られ、他にも二十枚が制作されたようですから、三十枚も並んだ宴会は壮観であったと思われます。

サイズ;径23.3cm 高さ3.6cm

*七夕節会(たなばたせちえ);江戸時代に七夕の日は五節句の式日(儀式を執り行う日)と定められ、その日には節会と呼ばれた宴会がとり行われたといわれます。それが明治時代になってもその風習が残っていたと考えられます。

図案を見ると、布袋さま”と“唐子”が囲碁を楽しんでいる様子が描かれ、子供のための縁起のよい図案となったと思われます。囲碁は「手を使う琴・囲碁・書道・絵画の四つの芸」に入っていたので、布袋、大黒、恵比寿の三神様が囲碁を楽しんでいる絵もあります。

手の込んだ絵付でありながら、名工であっても十枚を描いていくと、布袋さまの表情、姿形、唐子の様子、小道具、特に碁盤の上の碁石の数、その置き方などに見られる“ちょっとした違い”があって楽しませてくれます。

この程度の中皿は大皿と扱わられたときもあり、主食の焼き魚をこの皿に盛ったと思われます。この作品の注文主は「焼物皿」を出すほどのお祝いの宴会に主食を盛ってもてなすため、名工による手の込んだ絵付を頼んだと考えられます。

裏銘に「九谷製/三輪画」と書き込まれ、共箱に「七夕揃/九谷焼物皿/廿人(三十人)前之内」と共書きされています。三十枚揃えの一部であったようです。

作品の制作者 三輪鶴松

元治元年(1864)生、明治44年(1911)歿

三輪鶴松は、初代 橋田与三郎に師事し、赤絵細描の技法を修めました。加えて、雪輪の文様や細字などを自分の画風に取り入れました。盃や湯呑の内側に漢詩を書き、外側に雪輪を描いてあればこの人の作品であるといわれるほど得意であったといわれます。また、輸出用の大きな作品も制作しました。

 

管理№ 2006101
展示開始年月日 2020.10.16
希望価格 12600円
備考 共箱付き

宮荘一藤 金襴手花鳥図カップ&ソーサー

作品の解説

まるで赤の絵の具で塗り潰されたキャンバスの上に金や薄い中間色で華やかに咲く花などを描いているように見えます。その色調がデミタスカップやソーサー全体に広がっていて、これまでのカップ&ソーサーの標準的なものと異なります。こうした色調で新鮮なイメージです。

明治九谷の標準的な綺麗な花鳥図から離れて、絵の具と金で塗り埋め尽くし、素地の白さがかき消された中に豪華に加飾された花鳥図が描かれています。また、元加賀藩士であったので絵心は十分にあり、どこかの襖絵を連想して描いたように感じます。

重厚な絵付とは裏腹に、手にしたとき伝わってくる軽妙さがあります。エッグシェルではないようで、明治末期に開発された硬質陶器の素地を使っていると思われます。

銘は「九谷北山堂/一藤製」と書き入れられています。北山堂は高橋北山の屋号であり、北山が経営する九谷焼の商舗の名称でもあります(現存)。

作品の制作者 宮荘一藤

弘化3年(1846)、大正8年(1919)没

宮荘一藤は金沢生まれの加賀藩士でしたが、明治維新の激動期に直面して政府の殖産興業に己の活路を探し、陶画工の道を選んだといわれますから、かなり絵心があったようです。陶画を学び、陶画工となった後、数々の名品を製作し、金沢九谷の名工の一人に数えられるようになりました。北岳堂と号しました。
作品には、明治前期(1868~1889)に円中孫平からの依頼で輸出九谷の大作を制作した一方で、明治15年(1882)年頃には野村善吉、高橋北山と共に九谷細字を使った加飾法を始めたこともあり、画風は多様でありました。

 

管理№ 2011272B
展示開始年月日 2021.4.14
希望価格 20000円
備考

宮川永福 金襴手牡丹丸文花瓶

作品の解説

制作者が“金襴手風”と箱書きしているように、白の余白を多く残して、三つの大きな赤玉の中に描かれた金の牡丹文、赤の帯状の地に金で二頭の龍が描かれています。赤、金、白がバランス良く使われています。

口径 約7.2cm 高さ 約24.2cm

三つの大きな赤玉の中に牡丹が金襴手の技法で描かれていますが、金が細く掻き落とされ、牡丹の姿が繊細に表現されています。それと違い、帯状の赤の地の上には太い金の線で龍ののたうち回る姿が豪快に描かれています。

頸の周りに塗られた緑と赤の文様が鮮やかなアクセントをつけ、高台のまわりにも巡らされています。白の地に緑と赤の文様が鮮やかに映ります

銘は「九谷/永福」と書き込まれています。

作品の制作者  宮川永福

慶応3年(1867)生、昭和11年(1936)歿

宮川永福は、幼少の時に金沢の岩波玉山の下で陶画を修業し、その後、松本佐平から「松雲堂」の絵付工場の職長として招かれ、その職を務めました。松本佐平が赤九谷と青九谷の双方を融合した「松雲堂風」の作品を制作していた工房の経験を活かし、精緻な画風の作品を制作しました。

 

管理№ 18122203
展示開始年月日 2020.1.2
希望価格 7300円
備考 共箱付き

 

三ツ井為吉 色絵唐人図石畳文皿

作品の解説

いくつかの色絵(五彩手)古九谷に倣ったような作品です。三ツ井為吉が初代 徳田八十吉から九谷五彩の技法を学んだことで、自らも鮮やかな絵の具を考え出し、その絵の具を使って制作された九谷五彩がこの作品に再現されています。どこを見ても色絵古九谷と一瞬見間違えるほどです。

サイズ 径 約27cm 高さ 約3.8~3.5cm(歪みのため)

一面の石畳文、その上に置かれた鮮やかな木瓜の花、そして石畳文に囲まれた唐人図はいずれも色絵古九谷から抜け出てきたようです。特に、唐人図は古九谷の図案のモチーフとなったといわれる「五言唐詩画譜」の図を連想させるもので、二人の唐人が花をつけた二本の木の下で語り合っている情景を詠んだかのようで、倣古九谷らしい雰囲気が醸し出されています。

皿は口縁に向かって反りあがり、口縁部はさらに幅2cmほど外へ反った成型になっています。この形は古九谷の大平鉢の二段鉢に倣ったものと思われます。

銘は二重角に「九谷/為吉」と書き入れ、共箱に「古九谷写意/額皿」と「為吉」が共書きされています。古九谷と同じ二重角「福」にしなかったのは、箱書きのとおり“写意”を表しかったと思われます。外形だけを写さず、その制作者の精神を表現しようとしてこの作品を三ツ井為吉が制作したことを示めそうとしたと思われます。

作品の制作者  三ツ井為吉

明治36年(1903)-昭和33年(1958)

三ツ井為吉は、明治九谷にあって新たな画風となった倣古九谷を創り出した名工 初代徳田八十吉にその技法を学んだことが起点となって、色絵古九谷を再現させることに情熱を注ぎこんだ名工の一人となりました。それを示すように、三ツ井為吉の作品は高く評価され、金沢の鏑木商舗によって、倣古九谷の名工と呼ばれた徳田八十吉(初代・二代)、松本佐吉、石村素山、浅蔵五十吉らの作品と同様に買い上げられたといわれます。

 

管理№ 18081204
展示開始年月日 2019.9.26
希望価格 9800円
備考 共箱付き

松本佐吉 色絵鶴文八角瓢形徳利一対 倣古九谷

作品の解説

八角の緑の面に三羽の鶴、黒呉須の縦縞、他の文様が青手(緑、黄、紫、青)で描かれています。古九谷を思慕した制作者は、古九谷『色絵鶴かるた文平鉢』(索引「人物と用語」)を倣ったと思われますが、青九谷の巨匠とまで称されただけあって、青手で八角の面に鶴の姿を見事に表現しています。

サイズ 口径 約1.9 cm 幅 約7.2 cm 高さ 約16.6 cm

黒呉須の縦縞文様が引かれた緑の地の白抜きにされたところに三羽の鶴が黄、紫、青で絵付されています。古九谷では四羽の美しい鶴の舞いが平面に描かれていますが、この作品には八角の球面に、変化をつけた三様の姿がどの角度からも見えるように絵付したところに巧みさが感じられます。

この作品の素地はロクロ成型で八角の瓢の形状を作るというかなり高度な技術が必要であったと想像されます。その上、絵付けするときに、瓢が頸の部分から下部まで八角面に成型されているので、大小の面、角のラインも意識していて、鶴、文様などを絵付しているため、そのフォルムも美しく見えます。

銘は二重角「佐吉」と書き入れられ、共箱の蓋の内側に「佐吉」の署名と印があります。

作品の制作者     初代 松本佐吉

明治17年(1884)生、昭和17年(1942)歿

初代 松本佐吉は、松本 佐平(佐瓶)に陶画を学んだ後、門下の一人となりましたが、明治41年(1908)、24歳のとき、佐平の養子となり工房「松雲堂」を引き継ぎました。佐平自身は事情あって金沢の谷口金陽堂に絵付け場を替え、秋山 駒次郎が工房の職工長に就きましたので、松本 佐吉は古九谷研究に没頭することができ、青九谷の巨匠とまで称されるまでになりました。

 

管理№ 18100617
展示開始年月日 2020.1.7
希望価格 14800円
備考 共箱付き