明治九谷の特色 ⑤ 陶画工の銘とブランド名「大日本九谷」

江戸時代の九谷焼に書き入れられた銘は、一重または二重の四角に「福」の字を入れた銘であることが多く、それらには吉祥の意味が込められました。そのため、名工が絵付したと見られる再興九谷では窯銘があっても陶画工の名前を書き入れられることはなかったといわれます。

ところが、幕末から明治初期にかけ、窯元から独立し絵付業を生業とする陶画工が現れ、陶画工としての銘を書き入れることが始まりました。最初に個人の銘を書き入れたのが九谷庄三であるといわれます。庄三の銘は幕末に「庄七」(庄三の幼名)、または角「福」と「庄七」の組み合わせから始まり、角「福」と「庄三」の組み合わせ、さらに角「九谷」と「庄三(小文字)」(九谷焼の庄三という意味でした)に変わっていきました。明治に入り苗字を名乗ることが許されると、庄三は姓名と同じ「九谷庄三」(一行書き)の銘が一時書き入れられましたが、製作の主体が庄三工房に移ると、その銘は「九谷/庄三」(/は二行書きを意味します)が使われました。このように、九谷庄三やその工房が銘を製品に書き入れ始めると、周囲の陶画工や陶器商人も同じように書き入れるようになったといわれます。

一方で、明治9年(1876)のフィラデルフィア万国博覧会に出品された春名繁春の花瓶の銘は「明治九年費府博覧会大日本九谷春名繁春製」と書き入れられました。その頃から、輸出九谷には原産地を表示するために、「大日本九谷/(製造者または陶画工名)」が入れられました。円中孫平ら陶器商人も“ジャパンクタニ”をイメージさせる、「大日本九谷」をブランドとして定着させようと考えられます。こうして、「大日本九谷」がブランド名となりました。ただ、国内では国名を省略して「九谷」だけの銘がブランド名として定着し、稀に名工の作品には「九谷/(陶画工の名前)」が書き入れられました。「加賀国」「於九谷」も同じ意味であったと考えられます。

参照;明治九谷の窯元・名工

明治九谷の特色 ④ 明治九谷を製作した陶器商人

欧米との交易経験のなかった日本の輸出は、明治期に輸出九谷に牽引されて大きく発展しました。特に、海外市場における販売情報(嗜好の変化やクレーム)が国内に迅速に伝達される仕組みを考えたのが陶器商人の円中孫次や綿野吉二でした。

円中孫平(円中組)は、明治初期に海外での磁器の製造技術を九谷焼に応用することに意欲を見せ、磁器の製造技術に精通していた納富介次郎(日本の工芸および工芸教育を切り拓いた元佐賀藩士)から技術指導を受け、品質の高い“ジャパンクタニ”を世界へ広げることに尽力しました。その後、“円中組製の九谷焼”は、細密で金色を多く用いた豪華なものであるとの定評が広がり、欧米で高い評価を得ました。これを契機に、他の陶器商人らも欧米の嗜好を素早く取り込んだ図案を絵付することとなり、明治九谷の輸出は他の陶磁器産地に比べ飛躍的に拡大しました。

綿野吉二は、明治10 年代後半(1880 年代頃)に入ると“ジャパンクタニ”のブームが下火になり、輸出不振に直面する中、業界の先頭に立ち諸課題に積極的に対応しました。輸出不振の原因が、粗製濫造が起こって不評を買っていたこと、外国の嗜好の変化に対応できていなかったことなどの課題をいち早く捉え、名工松本佐平と共に対応しました。綿野吉二は国内問題の解決のために陶磁器業界での近代的な産業制度を導入し、松本佐平、藤岡岩花堂らと協力して、品質向上のための教育と絵付の指導を図り、また陶画工の資格試験制度を作りました。一方で、綿野吉二は自ら錦窯をもつ工房「天籟堂」を開き、そこに名工を金沢や能美地方から集めて、高い品質をもった製品を制作し、明治九谷の更なる発展に努力しました。

参照;九谷焼解説ボランティア「明治九谷の歴史 明治九谷を売った陶器商人たち

明治九谷の特色 ③ 多くの名工を育んだ明治九谷

当時、九谷焼は欧米の嗜好に合わせ、日本画的で芸術的な高い表現力溢れる製品を造り出しましたが、それを製作したのは、いわゆる一介の職人たちではなく、江戸末期の再興九谷の諸窯に来歴をもつ陶工やその末裔たちであり、彼らのほとんどは若いときに狩野派などの絵画、あるいは明治期に誕生した日本画などを修得し、さらに名窯において陶画を修業していたので、日本画のような図案や文様を描くことができました。

一方、そうした着画を可能にしたのは良質な素地があったからでした。江戸末期になると、佐野窯、小野窯などの窯元から独立し絵付窯を持った斉田伊三郎、九谷庄三ら陶画工は大量に良質の素地を求めました。当時、能美の若杉窯や小野窯の窯元では、本多貞吉が遺していった築窯技術が進み、良質の陶石を使って素地の品質が改良され続けました。こうして、素地作りと絵付業の分業が進んでいきました。

明治に入って、さらに、テーブルウエアのように均一、軽量な素地を効率よく大量に生産し、それを陶画工、絵付工房、陶器商人などに供給することが求められました。分業化が進む中で、小松市八幡村を中心に製陶業を生業とする素地窯がたくさん出現しました。その窯は素地屋と呼ばれ、陶工 松原新助が早くから台頭し、その後、海外から取り入れた鋳込み石膏法が松田与三郎によって広められ、素地作りの生産技術が大いに進みました。

このように、明治九谷で活躍した陶工も陶画工も高い品質の要望に応えて製品の製作を重ねるうちに、新しい技術や画法も創出し名品を生み出したことは、多くの名工が明治九谷によって育まれたと考えられます。

参照;九谷焼解説ボランティア「明治九谷の歴史 明治九谷の陶工・陶画工

明治九谷の特色 ② 青九谷の再現

明治九谷の中で「赤絵」は独特のより繊細で品格に満ちた製品でしたので、広く国内外で好まれ、明治初期から中期にかけ全盛期を迎え、その後も昭和初期まで製作されました。その絵付に従事した陶画工は200人以上いたといわれ、名工も「赤絵」の名品を数多く残しました。

ところが、明治20 年(1887)頃から、能美地方では「赤絵」の生産が最高の域に達する一方で、粗製品がますます横行し「赤絵」自体が国内外から飽きられるという事態に発展しました。これを目の当たりに見た松本佐平は、明治26年(1893)頃に「赤絵」と「青九谷」(表の模様に緑色を多く使った九谷焼)の双方を融合させた「松雲堂風」という画風を創り出し、古九谷や吉田屋窯以来の伝統的な青九谷が再び見直されるようになりました。

松本佐平の「松雲堂風」の特色は図案を素地の全面に描く点にあり、より絵画的な作風であったことです。図案を描くための十分な余白を確保し、白い器面に図案を絵付しました。その図案の多くは独特の色絵(九谷五彩よりも多彩な絵の具を使った)で描かれた花鳥図であり、従来から用いられた和絵の具だけでなく、和絵の具と洋絵の具の両方を用いたので、これまでの「青九谷」に比べ、全体に釉薬が薄くなったものの、色彩豊かとなりました。

次第に、当時の陶画工の中から古九谷や吉田屋窯を思慕し、「青九谷」を追及する陶画工が現れました。その陶画工の中に明治期の青九谷の最初の名工とされた初代 徳田八十吉と初代 松本佐吉がいました。

初代 徳田八十吉は、松本佐平の義弟で、狩野派画家 荒木探令から絵画を、松本佐平から陶画を学び、古九谷と吉田屋窯の作風の再現に取組みました。若い頃から釉薬の改良と創作にも腐心し独自の彩釉を発明しました。それが「深厚釉」でした。

初代 松本佐吉は、明治41年(1908)に佐平の養子になって絵付工場「松雲堂」を引き継ぎましたが、佐吉は、九谷五彩(青,黄,紺青,紫,赤)を駆使して色絵や「青九谷」を制作しました。特に、「青九谷」の美しさに重点を置いて表現し、古九谷、吉田屋窯などの絵柄と色合いの再現に情熱を注ぎこんだことで、後に「青九谷」の名工と呼ばれるようになりました。

参照;松本佐吉 色絵鶴文八角瓢形徳利一対 倣古九谷

明治九谷の特色 ① 日本画のような陶画の明治九谷

明治・大正時代に、九谷焼といえば「赤絵(金彩)」といわれたほど、「赤絵」は九谷焼の歴史に大きな足跡を残しました。それは江戸末期の再興九谷の諸窯で製作され、赤の絵の具(主にベンガラ)を使い、流行っていた南画の画法に倣って図案や文様を細描し、その上から金で細い線描きをするといった陶画でした。

しかしながら、明治になると、九谷焼を始めとする伝統的な様式で制作された陶磁器は、明治6年(1873年)のウイーン万博に七宝・漆器などと合わせて出品されると、諸外国から高い評価を得ましたが、明治政府はさらに差別化を図るために、明治9年(1876)のフィラデルフィア(1876年)万博に向け、工芸品に対し日本画のような図案と色使いであること、芸術的な美麗さと繊細さがあることを求め、政府自らが技術的な指導を行いました。

そうした指導の基点となったのが、明治初期における洋画の対義語として「日本画」の概念でした。「日本画」とは狩野派や琳派など日本の伝統的美意識や技法を引き継いだ「絵画」であると考えられ、工芸品においても“デザインすること”が重要であると唱えられました。こうして、万国博覧会への出品や輸出品の図案に日本画的、芸術的な表現方法を取り入れることが推進されました。

九谷焼でも同様で、日本画的、芸術的な表現方法が取り入れられました。例えば、金沢の阿部碧海窯では、小寺椿山、春名繁春、笹田友山、津田南皐、清水清閑、飯山華亭、柏 華渓など日本画を学んだことのある優れた陶画工が色絵や赤絵で絵付を行いました。その後も、佐野赤絵の名工である亀多山月や橋田与三郎は色絵で見込みに狩野派の絵画に倣った図案を描き、裏面にも日本画を思わせる筆遣いで“竹に雀”と“牡丹の花”を描いた作品を制作しました。興味深いことは、能美地方の石田一郷は京都で日本画家 田中一華から日本画を学んで帰郷し、日本画を生業としていたところ、周囲からの勧めで九谷焼の絵付も始めたことで、同じような陶歴をもつ陶画工が数人いたといわれます。だから、多くの明治九谷の作品には日本画のような画法が随所に見ることができます。

参照;赤丸雪山 色絵金彩夏草花図平皿

八田逸山 金襴手花鳥図香炉

作品の解説

八田逸山の作品の中ではやや大きな香炉で、珍しい作品です。その全体に赤絵の花鳥図と金襴手の文様とが溢れるばかりに描かれています。蓋の摘みや三脚に見られる造作は珍獣のようで、どこか愛らしい表情をしています。

サイズ;横幅 約14㎝ 高さ 約21.5㎝

胴の部分の球面を使って赤絵で花鳥図が一回りし、連続した図となっています。花鳥の背景には点描されていて、穏やかな雰囲気が醸し出されています。

蓋にも繊細な花鳥と文様が描かれ、その摘みは可愛いらしい獅子です。炉の口の形状は波打つように成形され、そこには草木の葉がつなげて描かれ、光の角度によっていろいろな輝きを見せています。

銘は「九谷/逸山」と書き入れられています。

作品の制作者

作品の制作者については「八田逸山の作品と陶歴」を検索してください。

 

管理№ 220403A1
展示開始年月日 2022.4.12
希望価格 53000円
備考 口元の裏と脚の裏にひびがあります

高橋北山 赤絵金彩人物百態図碗 一対

作品の解説

小ぶりの碗の内と外に多くの人物、特に働く様々な人々が描かれています。特に、内側には無数の形の異なる割取の中に人々が描かれています。北山は金沢細字を書したので、人物も細かに描けたようです。興味深い図案です。

サイズ;口径 約9.4㎝ 高さ 約4.8㎝

九谷庄三などが周囲の農村風景をモチーフにしたように、高橋北山は金沢の人々、あるいは職人、人々の働いている姿を唐人に置き換えて碗の内側に描いたようです。

碗の外側にはお供を伴いながら散策している三様の人物が描かれ、その人物と一緒にごつごつした岩と大きな松が細かな運筆で描かれています。

銘は「九谷/北山堂」と書き入れられています。

作品の制作者

作品の制作者については「高橋北山の陶歴と制作品」を検索してください。

 

管理№ 2203093A
展示開始年月日 2022.3.28
希望価格 17200円
備考 保存木箱入り

小田清山 色絵牡丹図清山書酒杯一対

作品の解説

一対の酒杯の内側には小田清山による漢詩文の細字が書かれ、外側には牡丹の大輪と藤の花が色絵で描かれています。

サイズ;口径 約5.1㎝ 高さ 約9㎝

牡丹の大輪は彩友によって花びらに立体感も淡いピンクのグラデーションもあって、素地のぼかした色合いの中で浮き上がって見えます。清山は佐野赤絵の樋口弥三郎に陶画を学んでいますが、この色絵は金沢九谷の陶画工が描いたと見られます。

この漢詩文は『唐詩選』の中にある張若虚が詠んだ「春江花月夜」というもので、春の川辺に咲く花、月に照らされた夜景を詠んだものです。高橋北山の小さ目の馬上杯の内側にもこの漢詩文が書かれ、二人の接点をうかがわせます。

銘は高台内に「九谷」とだけ書き入れられ、内側の漢詩文の最終行に「清山」と書かれています。字体から銘「九谷」も清山が書いたようです。

制作者の陶歴

小田清山

明治7年(1874)生、没年不明

佐野村に生まれ、初め齊田伊三郎の門弟 西本源平、またその門弟であった樋口弥三郎に陶画を学んだが、明治27年(1894)から鐘、盃、湯呑に漢詩の細字を書くことを始めました。翌年、金沢の野村善吉から細字の指導を受けました。明治33年(1900)に金沢に出て、本格的に細字に取り組みました。さらに、明治45年(1912)、自ら工夫して「百人一首」を草書体で書くことを始めたことから、これが九谷細字の妙技と評判となり「清山」の名が広まり有名となりました。

清山の師匠は野村善吉といわれ、明治15年(1882)ころか宮荘一藤高橋北山らと細字を書くことを始め、赤壁の賦や千字文を器の内側に書いて、九谷細字の創始者として有名となりました。清山の門弟に田村金星がいました。

 

管理№ 2202171
展示開始年月日 2022.3.28
希望価格 18800円 委細相談
備考 保存木箱付き

亀田山月 赤絵金彩三賢人山水図蓋付湯呑

作品の解説

佐野赤絵の継承者の一人であった亀田山月の六十一才時の作品です。内も外も赤絵で細描され、三賢人、山水図、小紋の緻密な筆遣いに熟達さが見えます。金彩も抑えられているところは、佐野赤絵の最初のころの傾向を映し出したようです。

サイズ;湯呑 口径 約7.1㎝ 高さ 約8.4㎝ 蓋付湯呑 径8.1㎝ 高さ 約0.5㎝

三賢人図や百老図、竹林七賢人図などは山月の師であった齊田伊三郎が広めた図案で、三賢人の豊かな表情が緻密に描かれています。

碗の内と外、蓋の内側、それぞれには中国風の山水図が細描される一方で、大樹の描き方に豪放なところも見られ、赤だけでもこれだけ濃淡のある図案が描かれた作品です。

銘は「九谷/山月/六十一才作」と書き入れられています。晩年に入りかけた時期で、作品全体に熟達したところが見られます。齊田伊三郎が考案した、高台周りの煙草の葉の文様の細描も繊細に描かれています。

作品の制作者

作品の制作者については「亀田山月の制作品と陶歴」を検索してください。

 

管理№ 2202271
展示開始年月日 2022.3.28
希望価格 21000円 委細相談
備考 共箱付き

横浜九谷 綿野製 色絵金彩花鳥図花瓶

綿野吉二商店は、そのほとんどの作品を横浜港から輸出されましたが、あくまでも素地も絵付を石川県内でおこなったといわれます。

ただ、この作品全体には欧米から求められた嗜好を横浜で感じ取って、日本的な明治九谷の花鳥図と金襴手の文様、モダンな形になって表現されています。横浜九谷の優品の一つです。

サイズ;口径 約6.4cm  胴径 約12.7cm(最大)  高さ 約23.6cm

 

希望販売価格 60000円 委細相談
備考 保存木箱付き