下出梅仙 龍染付荒波図鉢

作品の解説

鉢の内と外に龍と荒波が描かれているだけですが、龍は赤の細描が、波は濃淡で荒々しさが表現され、その色の対比も見事です。

大きな龍の図案は九谷焼では数少なく、龍を描いて高い評価を受けた須田 菁華「染付龍文花瓶」(石川県立美術館所蔵)と比べてみてもよいほど見事な龍の図です。

寸法 口径 約14.6cm 高さ 約9.6cm 高台径 約6.6cm

暗い天空から舞い降りてきて、海面をのたうち回わる赤の龍と群青の荒波とが、鉢の内側からはみ出すように外側にまで及んで、まるで一幅の絵のように見えます。下出 梅仙の師であり、赤絵金彩細描の名工 浅井 一毫の作風の片鱗がうかがわれ、金彩がなされていないだけ、よりダイナミックに見えます。

須田 菁華の「染付龍文花瓶」に見られる5本爪の龍は、皇帝の器具や建物だけに使用が許されたものなので、威厳のある龍に描かれています。一方、この龍は皇帝以外の者に使用が許されたという3本爪の龍なので、穏やかな様子であり目つきにも優しさがあります。

暗闇の中の波が絵画のようにぼかしや濃淡をつけて描かれ、荒々しさが上手く表現されています。絵の具の群青で描かれているかのように見えますが、共書きの「染付」のとおり、染付だけで暗闇の中の荒波が浮かんで見えるように描かれています。

銘は「九谷/梅仙」と書き入れています。他より幾分高く、やや末広がりの高台の中は釉薬の掛かけているところとそうでないところがあり、その銘は釉薬のかかっている盛り上がりに載せるように書かれています。

作品の制作者

下出 梅仙 明治22年(1889)生、昭和57年(1982)歿

下出 梅仙は、明治35年、13歳のときから3年間、竹内 吟秋の高弟 大幸清次から赤絵細描を学び、明治38年から3年間、松本 佐平に色絵を学びました。さらに、晩年の浅井 一毫(天保7年(1836)生、大正5年(1916)歿)に師事した数少ない門人でした。

その後、大正2年に独立し、自宅に窯を築き制作に励みました。浅井 一毫と同様に、赤絵細描を得意とし、また色絵も巧みであったことから、名工の一人といわれました。

管理№ 1808231
展示開始年月日 2020.2.2
希望価格 売却済み
備考 共箱付き