中村秋塘 赤絵金彩竹に雀図徳利

作品の解説

中村秋塘の精微な画風は、竹内 吟秋やその弟の浅井 一毫に代表される赤絵金彩細描を特徴とする江沼九谷の画風を受け継ぐ、気品の高さを誇りとするものです。素地の白さを際立てながら赤と金のみによって造り出された細描画の作品です。

サイズ 口径 約2.2cm 胴径 約8.8cm 高さ 約16cm

ふっくらとした徳利の胴の面に、つがいの雀が竹やぶの巣に戻るところを描いているようです。一方の雀がもう一方の雀を見守るように振り向いているところが愛らしく描かれていています。

徳利の頸から胴にかけ波、格子、蛸唐草などの文様が細描され、下の方の矢羽の文様も手を抜くことなく描かれています。

銘は「九谷/秋塘造」と書き入れられています。

作品の制作者  初代 中村 秋塘   

慶応元年(1865)生、昭和3年(1928)歿

中村 秋塘は、大聖寺に生まれ、明治10年(1877)、12才のとき、八郎手を得意とした父 中村 茂一郎の陶画業(明治元年(1868)に始めていた)を継ぎました。そんな矢先の明治11年、竹内 吟秋が陶画法を教えるために創立した私学校「惟新社」に入り、吟秋から陶画を学びました。

こうして、父の遺風と竹内 吟秋の教えを活かすと共に、広く諸窯の技法を研究した末、赤絵金彩細描に卓越した技能を発揮しまた。秋塘の精微な画風は気品の高さを誇りとする江沼九谷の真髄と受け継ぐといえます。

秋塘窯   大正6年(1917)~現在

秋塘窯は、大正6年(1917)、中村秋塘によって自宅に開かれました。

赤絵金彩細描の作品や開窯の前年に開発した砡質手の作品などはいずれも優品でると高い評価を得ました。この窯の製品の販売先は主として大聖寺の井上商店であったといわれます。

この窯で養成された陶工と陶画工

ロクロ師・・・滝口 加全(大正9年まで)、福岡 義一

上絵付・・・・梶谷 竹塘、篠尾 忠次郎、庄田 某、笹居 忠次郎、宇谷 秋香、宇谷 秋水、初代 井上 秋晴、小島 秋江、浜坂 楓塘

管理№ 18080406
展示開始年月日 2019.9.25
希望価格 売却済み
備考 保存木箱付き