橋田与三郎の作品と陶歴

橋田与三郎の制作品

橋田与三郎 赤絵金彩大黒恵比寿図小皿 三様

大黒様と恵比寿様(七福神に含む)の図案が描かれた三枚の小皿にはそれぞれに相違点があります。大黒様と恵比寿様のイメージ、縁文様、成型、銘などから、(続く)

 

 

橋田与三郎 色絵人物花鳥図徳利一対

少し太い黒呉須の線によって徳利の面一杯にとられた二つの割取の中に、松の下で休む馬上の人物、もう一つには花鳥が描かれ、佐野赤絵を離れて、中間色の絵の具などを多く使っています。(続く)

 

 

橋田与三郎の陶歴

橋田 与三郎  嘉永4年(1851)生、大正15年(1926)歿

初代 橋田与三郎は、佐野村(現在の能美市佐野町)に生まれました。すでに、天保6年(1835)に佐野窯を開いていた斉田 伊三郎(道開)の門下に入り、8年間に及ぶ陶画の修業に励み、佐野赤絵の細書きの技巧を磨きました。

斉田 伊三郎の死後、明治8年(1875)に、亀田 山月らと共に「佐野画工十五日会」を主宰し、図案、顔料などについて研究を進め、若い門人たちには絵付を指導し、また佐野村の村人に絵付けを勧め、絵付けの方法を彼らに教えました。その後、橋田による奨励が佐野村に陶画業の基礎を築くことに貢献しました。

加えて、明治9年(1876)、納富介次郎(日本画家、工業デザイナー、また教育者)、荒川探令(狩野派の日本画家)らを講師に招き、九谷焼の陶画図案や顔料使用法の研究などを自らも修学しました。明治35年(1902)、九谷陶磁器同業組合の画工部長となったとき、徒弟試験制度に基づく徒弟の審査を通して、九谷焼の品質向上に貢献しました。

門弟に北村 与三松、西野 仁太郎らがいて、佐野赤絵の画風については二代 橋田与三郎に受け継ぎました。