道本七郎右衛門 赤絵網手金魚図瓔珞文鉢

作品の解説

鉢の内側に描かれた網の目は縁から見込みにかけ、同じ太さの線の網の目がだんだんと細かくなっていきます。この技巧は“網の手”と呼ばれ、佐野九谷の祖 斉田伊三郎(道開)によって考案され、明治九谷に見られる高度な技巧の一つといわれます。しかしながら、この技法は斉田伊三郎の門弟かその二代目くらいまでに引き継がれましたが、あまりに難しく、後継者が途絶えたといわれます。

この作品が収められている木箱には「宮本屋窯/網に金魚図」と書かれていますが、宮本屋窯の画風は中国風の高尚な赤絵細描画を小紋などで埋め尽くして描く“八郎手”と呼ばれるものですから、この作品が伝世されるうちに、その見事な赤絵細描から「宮本屋窯」の作品と箱書されたと考えられます。

サイズ 径 約18.7cm 高さ 約7.3cm

金魚と網の図案はごく普通ではないかと思われがちですが、細かな網の目が大きさや形をだんだんに変わる中、数匹の金魚が泳いでいるように描くため、かなり高度な技巧が求められとされます。また、赤絵の金魚にはその鱗や尾ひれが金の細い線で描かれているのも見事です。

この作品でもう一つの見どころは。外側の側面に巡らされている大きな赤玉文と瓔珞文であり、二つの文様が一緒に描かれ、それらが大きな網の目に引っ掛けられているように見えることです。

この二つの文様はいずれも吉祥文として使われてきましたが、瓔珞文が焼き物の文様に使われるようになったのは江戸時末期からで、斉田伊三郎によって佐野赤絵に最初に取り入れられたといわれます。そのきっかけは、赤が魔除けの意味があり、赤で瓔珞文を描くことによって当時流行った疫病鎮静の願いを込めたからと考えられます。

銘は赤で塗りつぶされた枠の中に金で「九谷」の文字が書き入れられています。この手法は江戸末期から見られ、明治九谷で増えました。陶画工が自分の名前・屋号などを銘として書き入れるようになったのは九谷庄三からといわれますが、同じ時代の斉田伊三郎のような名工であっても自分の銘を入れた作品がなかったといわれ、角「福」や「九谷」などを書き入れました。この制作者も、おそらく、師に倣って、角「九谷」と書き入れたようですが、その後の作品には「九谷/道本画」と書き入れています。

作品の制作者

道本七郎右衛門 

天保13年(1842)生、大正9年(1920)歿

道本七郎右衛門は、天保14年(1842)に斉田伊三郎によって開かれた陶画塾で陶画を学び、やがて門弟となりました。明治初期の記録には、すでに佐野村の陶画工として挙げられていていたようで、明治3年(1870)、28才のとき、独立して佐野村で陶画業を始めました。明治18年(1885)には全国共進会に出品して受賞されたこともあります。

また、埴田や八里の素地を調達し陶画業を拡大していき、道本商店を開いて販売業に乗り出し、自作の作品のほか佐野窯の朋輩の作品も扱いました。

七郎右衛門は、斉田伊三郎から”赤絵網手”の難しい絵付技法の指導を受けたところ、これを得意とするところとなりました。また、飯田屋風の竹林七賢人、金魚図をよく描きました。当初の作品にはすべて和絵の具を使いましたが、後に洋絵の具も使った作品も制作しました。画風はその子 七左衛門などに伝わったといわれます。

 

 

管理№ 1810111
展示開始年月日 2021.1.11
希望価格 50000円 委細相談
備考 保存木箱付き