三ツ井為吉の作品と陶歴

三ツ井為吉の作品

色絵唐人図石畳文皿

古九谷五彩手のいくつかの作品からモチーフを得て制作したと思われる作品です。三ツ井為吉が初代 徳田八十吉から五彩手・・・(続く)

 

 

色絵南画風図皿

伝統的な九谷五彩(緑・黄・紫・群青・赤)を使い、制作者自らが感じた、どんなものにもある「美」を南画風に表現したような作品で、野菜の持つ色形を優しく美しく・・・(続く)

 

三ツ井為吉の陶歴

初代 三ツ井為吉  明治36年(1903)-昭和33年(1958)

初代 三ツ井為吉は、最初、赤九谷の盛んであった明治時代に青九谷の様式を再構築した名工 初代 徳田八十吉に師事しました。その後、為吉は五彩手(緑・黄・紫・群青・赤をもって絵付けした様式)の古九谷を再現させることに情熱を注ぎ込みました。

その後、古九谷の伝統的な図案や絵の具を修得して五彩手の作品を制作したので、高く評価され、名工と呼ばれました。その作品は、飾皿などの美術工芸品の他にも日常生活で使用する食器類も多く制作しましたので、金沢の陶器商人 鏑木商舗が、青九谷の名工と呼ばれた徳田八十吉(初代・二代)、松本佐吉、石村素山、浅蔵五十吉らの作品と同様に、為吉の作品を度々買い上げたといわれます。