打田平太郎商店

慶応元年(1865年)~現在

業歴

打田平太郎商店は、江戸末期、再興九谷の窯が次々と開かれる中、九谷焼が加賀地方の産業として根付き始めた頃の慶応元年(1865年)に小松で陶器商を創業しました。

同店が小松で創業して以来、「金沢の鏑木、小松の打田」と言われるほど、有名な陶器商でした。他の陶器商人と同じく、名工の製品を輸出することに力を入れ、神戸に支店を設けたこともありましたが、輸出が衰えると、国内に支店をおいて国内市場の開拓に力を入れました。

現在も、小松市内で一番古い九谷焼を扱う商店として営業を続けています。

作品例