綿谷 平八・平兵衛

業歴

綿谷 平八

天保8年(1837)生、明治18年(1883)歿

綿谷 平八は、安政5年(1858)、22歳のとき、寺井で父の家業を継いで陶器商人となりました。江戸の末期、小松の行商人が各地へ副業的に九谷焼を販売したのが能美地方における九谷焼の県外販売の始まりで。当時、寺井では九谷 庄三ら名工が多く、九谷焼が産業九谷として確立しようとしていたので、綿谷も京都、大阪、岡山、肥前へ出向いて販路の拡大に励みました。そして、万延元年(1860)、自宅に絵付工場を建て、吉田屋風、赤絵、彩色金襴手、有田風、錦手などを制作し、江戸にまで出向いて販売しました。

明治2年(1869)、実兄 平四郎、若杉 弥助、九谷市松らを瀬戸、美濃、有田に派遣し、それぞれの製法を視察させました。翌年、弥助が長崎から酸化コバルトを、市松が絵付用の洋絵の具を持ち帰り、それらをもって美麗な製品を作り、内外に販売したところ好評を得ました。その結果、明治6年(1873)のウイーン万国博覧会、明治9年(1876)のフィラデルフィア万国博覧会に自家製品を出品して名声を得ることができました。

綿谷 平兵衛

元治元年(1864)生、大正10年(1921)歿

綿谷 平兵衛は、綿谷 平八の子で、明治15年(1882)、横浜に支店を出し、九谷焼の貿易商として各国と盛んに貿易し、国産である九谷焼の真価を内外に高めることに努めました。

特に、九谷焼と並べて香々焼(詳細不明)と称する新陶器を創作し、国内は言うまでもなく、スペイン、アメリカ(シカゴ)、ポーランド、ベルギーなどの万国博覧会で、金・銀牌を受賞しました。

一方で、明治39年(1906)、井出 善太郎、石崎蕃らと九谷原石破砕会社を設立し、明治41年(1908)から寺井町湯谷で操業を始め、九谷焼の産業基盤を築くのに貢献しました。

作品例