織田甚三 織田甚三商店

初代 織田甚三  弘化3年(1846)生、大正4年(1915)歿
織田甚三 商店  明治18年(1885)ー大正12年(1923)頃

業歴

初代 織田甚三は、早くから九谷焼の陶器商人を志し、ついに寺井でも規模の大きな陶器商人の一人になりました。小松の松山新助が明治3年(1870)頃から作り始めた「庄三風」の九谷焼を綿谷平兵衛、筒井彦次、酢屋久平、綿野吉二らとともに輸出に力を入れました。明治18年(1885)、織田甚三商店を開き、横浜にも支店を設け、九谷焼の輸出が盛んな機運に乗って業績を上げました。

特に、横浜支店では欧米からの極薄でしかも丈夫な日用品輸出への需要の強さを感じ取り、同じ陶器商人の綿野安太郎らとともに、その販売に注力しました。それが、“卵殻手(らんかくで エッグシェル)”と呼ばれた極薄の磁器でした。

しかしながら、大正12年(1923)、関東大震災によって横浜支店が大打撃を受けて、神戸に転進して再起を図る努力を続けましたが、これまでの勢いが見られなくなりました。

作品例