西埜仁太郎の作品と陶歴

西埜仁太郎の作品

色絵金彩布袋唐子図深鉢

「布袋と唐子」の図案は、水墨画、狩野派の絵画、浮世絵などにも見られ、この作品では布袋が数人の唐子と遊んでいる情景が描かれています。(続く)

 

 

色絵金彩大黒恵比寿唐子囲碁図深鉢

制作者が得意としたと思われる深鉢からは素地作りから絵付までデザイン全てに色の豊かさが見えます。見込みの大きな窓の中に大黒様と恵比寿様と唐子の図、(続く)

 

西埜仁太郎の陶歴

西野 仁太郎 生歿年不明

西野 仁太郎は、明治元年(1868)に江沼郡栄谷村に北出宇与門によって開かれた北出窯(後に絵付も行う青泉窯と名を改めました)においてロクロ師であったといわれます。この窯はもともとは素地窯で、その高い品質の素地で評判となり、県内にその名が広まったほどで、その窯のロクロ師として名を連ねたことから、優れたロクロ師であったと考えられます。

その後、西野は、佐野村で佐野赤絵を踏襲した初代 橋田 与三郎(1851~1926)の門弟の一人となり、その後、独立して陶画業を始め、国内向けの作品を制作しました。記録によれば、西野は大正2年(1913)に能美九谷陶磁器同業組合の内地商部の代議員に選出されました。