明治九谷の特色 ① 日本画のような陶画の明治九谷

明治・大正時代に、九谷焼といえば「赤絵(金彩)」といわれたほど、「赤絵」は九谷焼の歴史に大きな足跡を残しました。それは江戸末期の再興九谷の諸窯で製作され、赤の絵の具(主にベンガラ)を使い、流行っていた南画の画法に倣って図案や文様を細描し、その上から金で細い線描きをするといった陶画でした。

しかしながら、明治になると、九谷焼を始めとする伝統的な様式で制作された陶磁器は、明治6年(1873年)のウイーン万博に七宝・漆器などと合わせて出品されると、諸外国から高い評価を得ましたが、明治政府はさらに差別化を図るために、明治9年(1876)のフィラデルフィア(1876年)万博に向け、工芸品に対し日本画のような図案と色使いであること、芸術的な美麗さと繊細さがあることを求め、政府自らが技術的な指導を行いました。

そうした指導の基点となったのが、明治初期における洋画の対義語として「日本画」の概念でした。「日本画」とは狩野派や琳派など日本の伝統的美意識や技法を引き継いだ「絵画」であると考えられ、工芸品においても“デザインすること”が重要であると唱えられました。こうして、万国博覧会への出品や輸出品の図案に日本画的、芸術的な表現方法を取り入れることが推進されました。

九谷焼でも同様で、日本画的、芸術的な表現方法が取り入れられました。例えば、金沢の阿部碧海窯では、小寺椿山、春名繁春、笹田友山、津田南皐、清水清閑、飯山華亭、柏 華渓など日本画を学んだことのある優れた陶画工が色絵や赤絵で絵付を行いました。その後も、佐野赤絵の名工である亀多山月や橋田与三郎は色絵で見込みに狩野派の絵画に倣った図案を描き、裏面にも日本画を思わせる筆遣いで“竹に雀”と“牡丹の花”を描いた作品を制作しました。興味深いことは、能美地方の石田一郷は京都で日本画家 田中一華から日本画を学んで帰郷し、日本画を生業としていたところ、周囲からの勧めで九谷焼の絵付も始めたことで、同じような陶歴をもつ陶画工が数人いたといわれます。だから、多くの明治九谷の作品には日本画のような画法が随所に見ることができます。

参照;赤丸雪山 色絵金彩夏草花図平皿