明治九谷の特色 ⑤ 陶画工の銘とブランド名「大日本九谷」

江戸時代の九谷焼に書き入れられた銘は、一重または二重の四角に「福」の字を入れた銘であることが多く、それらには吉祥の意味が込められました。そのため、名工が絵付したと見られる再興九谷では窯銘があっても陶画工の名前を書き入れられることはなかったといわれます。

ところが、幕末から明治初期にかけ、窯元から独立し絵付業を生業とする陶画工が現れ、陶画工としての銘を書き入れることが始まりました。最初に個人の銘を書き入れたのが九谷庄三であるといわれます。庄三の銘は幕末に「庄七」(庄三の幼名)、または角「福」と「庄七」の組み合わせから始まり、角「福」と「庄三」の組み合わせ、さらに角「九谷」と「庄三(小文字)」(九谷焼の庄三という意味でした)に変わっていきました。明治に入り苗字を名乗ることが許されると、庄三は姓名と同じ「九谷庄三」(一行書き)の銘が一時書き入れられましたが、製作の主体が庄三工房に移ると、その銘は「九谷/庄三」(/は二行書きを意味します)が使われました。このように、九谷庄三やその工房が銘を製品に書き入れ始めると、周囲の陶画工や陶器商人も同じように書き入れるようになったといわれます。

一方で、明治9年(1876)のフィラデルフィア万国博覧会に出品された春名繁春の花瓶の銘は「明治九年費府博覧会大日本九谷春名繁春製」と書き入れられました。その頃から、輸出九谷には原産地を表示するために、「大日本九谷/(製造者または陶画工名)」が入れられました。円中孫平ら陶器商人も“ジャパンクタニ”をイメージさせる、「大日本九谷」をブランドとして定着させようと考えられます。こうして、「大日本九谷」がブランド名となりました。ただ、国内では国名を省略して「九谷」だけの銘がブランド名として定着し、稀に名工の作品には「九谷/(陶画工の名前)」が書き入れられました。「加賀国」「於九谷」も同じ意味であったと考えられます。

参照;明治九谷の窯元・名工